人気ブログランキング |

d0237340_2105767.jpg
FUJIFILM X10

おいしいパスタ料理です。
モチモチとした食感が 後日 リピートオーダーを誘います。
挽肉の下味に塩を多くすれば 夏向きの味になるのかな・・・?
けっこう お腹がいっぱいになります。

http://www.historyofitalianfood.com/itarianshurui/itarianpasuta/nyokki.html によれば・・・

蒸したりゆでたりしたジャガイモと小麦粉を混ぜ、丸く切り分けてゆでたものをニョッキといいます。
じゃがいもと一緒に作るのがイタリアンの伝統的なニョッキですが
、かぼちゃやホウレンソウを混ぜて作ったり、チーズを加えたりしたニョッキも人気です・・・とある。


簡単ニョッキの作り方

シンプルな材料でできるニョッキは、家庭でも気軽に楽しめます。
ゆでたジャガイモ(1キロ)に、卵1個と小麦粉300グラムを混ぜます。
よく混ざったら直径1.5センチ程の棒状にのばし、2センチ位ずつに切り分けます。
1片ずつ丸めてつぶし、ソースがよく絡まるようフォークの背などを使って筋をつけます。
最後に沸騰した湯でゆでて、アツアツのうちに好みのソースをかけていただきます。
良く冷やした白ワインと一緒にどうぞ!  ・・・だそうです。

d0237340_6291932.jpg
PENTAX K5
d0237340_630533.jpg
PENTAX K5
by tabi-syashin | 2012-09-17 11:08 | a la carte | Trackback | Comments(0)

Cafe' Genjiro

d0237340_22463764.jpg
SIGMA DP2 Merrill
d0237340_22555240.jpg
SIGMA DP2 Merrill

おいしい! 大根、キュウリ、葉野菜などにオリーブオイルを加え、
それに「cous cous クスクス」というパスタをまぶした前菜のサラダ。

じつは 以前に食べたワインビネガーをからめた人参サラダのイメージが強く
それが食べたくて訪問したのだが、、、この大根サラダもおいしい。
もしかして 季節でメニューが変わるのかなぁ? おいしい。 
d0237340_23173273.jpg
SIGMA DP2 Merrill


カレーショップも色々食べ歩いたが・・・、
エキゾチックな香辛料の強いカリーでは一押しのお店になるかな。

温められた石臼にスパイス原料のクミン(Cumin)を挽いて出される。
あのカレー独特の、鼻にツーンとくるスパイスだ。
これを白いご飯にまぶすと・・・、不思議とどんどん食欲がわく。
さらに、カレーのルーに辛味を増すスパイスも混ぜあわせて
美味しい自分好みのカレーがいただける。

ほどよい日陰を作る林に囲まれた庭に 鉄のオブジェたちが点在する。
それらを眺めながら「午後のひと時」を楽しみたい御仁にはうってつけの店だ。
おしゃべりを楽しむなら、客の引けた3時前後ならお勧めだろうか。
男同志でも 込み合う時間帯はとにかく避けたい。
仲間と薬来山ツーリングで コーヒーブレークに立ち寄ってもいいかな。。。

古川ICから1時間ほど。大崎地方のシンボリックな山の麓にあるレストラン。

d0237340_2332069.jpg
SIGMA DP2 Merrill
d0237340_234986.jpg
SIGMA DP2 Merrill
d0237340_2325963.jpg
SIGMA DP2 Merrill
by tabi-syashin | 2012-08-18 22:57 | Miyagin | Trackback | Comments(0)

Italian Trattoria

d0237340_22421214.jpg

仙台の街中にあるイタリアンリストランテ、、、というより トラットリア。
ここで出る食後のコーヒーは単純に美味しい・・・。

訪ねた日から だいぶ経ってしまったが・・・
たまには こんな店に朝から出かければ 休日が気持よく過ごせる
こんな単純なことが分かっていなかった・・・、休日は、だらだら~っと・・・ばかり。

あくせく働いて、自分にとって肝心なことは考えることもしなくなった。
気付けば体調を壊し 現役引退。 

若いころの方が 生演奏のジャズを聴きに出かけたり 映画や芝居を見たり
昔のことだから 今よりもイベントは少なかったが それでもよく出掛けた。

今じゃ 文化的な物事にさえも関心を持たなくなった。
せいぜい 美術館巡りを数度だ。

安直な物事ばかりに目が行き 今日明日の予定を埋めてばかり。
自分に一味、風味が加わるような そんな文化的催しに出掛けていない。

d0237340_22425473.jpg

ところで 東京電力福島第一原発の4号機だが・・・、
冷却ポンプの電源は回復したんだろうか?

あの建屋が崩れたりしたら 今までの努力が水の泡だ。
d0237340_22463724.jpg


NIKON F3T 50mm f1.4 Kodak400
by tabi-syashin | 2012-07-01 22:55 | Miyagin | Trackback | Comments(0)

Cafe Mozart ichibantyo

d0237340_154506.jpg
こんな・・・ 
為すこと全てが 無為に思える日は 
カメラを持って 街を歩くのが
一番の気晴らしだ

d0237340_15492593.jpg

ところで・・・自分でも分からなくなったのだが
一番町という日本語をローマ字に直すとして・・・
どちらが頭に入りやすいのか?という疑問がありました。

①ichibancho ②ichibantyo ③itibanchou ④itibantyou

どれが正しいか? ではなく 
どれが頭に入ってきやすいか? という疑問。

d0237340_15502559.jpg

d0237340_15512548.jpg
Fujifilm X10
by tabi-syashin | 2012-03-20 15:51 | Miyagin | Trackback | Comments(2)

こめやのうどん

d0237340_23232657.jpg

昨夜、テレビでマチャアキの料理番組を観ていたら
急にカレーうどんが食べたくなって・・・ 今日 思い立ったのがこの店。 

以前 うどん店は いろいろと食べ歩いていたが・・・
いろは横丁の伊勢うどん「阿吽」さん、パークタウンの「むら泉」さんがお気に入りで
で、、、今はココ「こめやのうどん」さんがご指名である。

オート三輪が店の横に デンと大事にされ 居座る?(笑)
旧車仲間の経営する うどん屋さん 「こめやのうどん」
店名は 先々代まで米屋さんだったから、「こめや」に「うどん」を付加 わかりやすい ^~^;;

店がオープンして以来 通っている。
夏の「ぶっかけうどん」、 冬の「カレーうどん」は格別においしい。

ぜひとも味わってほしいなぁ。場所は福室。高砂地区に近いか?
地図を見ながら行かないと ちょいと迷うかもしれない(笑)
行くなら 営業時間にも注意してね!


PENTAX Q 01 レンズキット
手のひらに乗る超小型一眼カメラ、ペンタックス Q で撮影したけど
不慣れなせいなのか、ちょいとピンあま。でも使えるねこのカメラ。 
01 Standard lens って 寄れないのかな?


d0237340_19294914.jpg

by tabi-syashin | 2012-02-26 19:27 | Miyagin | Trackback | Comments(0)

江合川堤防

d0237340_16481189.jpg

d0237340_17371990.jpg

d0237340_1647253.jpg

岩出山の江合川堤防沿いに、週末だけ開店する蕎麦屋さんがある。
名前は 愉多工房 。名前からして 蕎麦屋とは気づかない。
もともと 手作り家具の製造元で、特注家具を造られているようだが、 
凝り性な店主の性格が この蕎麦打ちにもあらわれる。

それにしても・・・ こんなところで? 手打ち蕎麦を?
ここに来る度 いつもそう思う・・・(笑) 
なおさらに、旨いこと請けあい! とっておきの店になりますヨ。
ただ最近は 2時前には 売り切れる日が多いかな?

d0237340_17121833.jpg


この蕎麦屋さんを 紹介してくれたのは・・・
岩出山のちいさなパン屋さん 「ひとつぶ堂」さん。
今日は 店主のお父上がお店を手伝っていた。
 
「はじめまして あの お人形さんを作られた ・・・?」
なんともぎこちない挨拶をしてしまった(笑)


今日やっと 優しい表情の作品と その作者のお顔が一致した。
優しい目をお持ちの お父上だった。
家族総出で おいしいパンを焼く、、、 いいなぁ・・・。
朝に焼きあがったパンは もうすでに売り切れていたが
なんとなく 満足した自分がいた。

d0237340_17201492.jpg

by tabi-syashin | 2012-02-12 16:50 | Miyagin | Trackback | Comments(0)

ブラザー軒の杏仁豆腐

d0237340_23353947.jpg

久しぶりに食べましたっ 杏仁豆腐。
ブラザー軒の中華ランチのデザートだけど。。。
あいかわらずの美味しさ しつこい甘さではなく ほどよい甘味
洋食も中華もどちらも手ごろで いつでも美味しさ満点。


そこに行けば いつもの味がある。当たり前のようだが 
昨今 馴染みの店がそこにある ということが意味を持つ 
とてもブランド力を持った気がする。

ひとつの 安心と云うサービス 
それが老舗の立ち位置であり ブランディングでもある。
仙台には老舗という「安心」がまだある。

市民の僕らが それがもつ本当の意味を理解しないと
浮ついた街で過ごすことになるんじゃないかな。

毎年店が入れ替わる? ・・・? ・・・?
安心して食べれない、歩けないという不満が生ずる。

そしてそれが 安心して暮らせないという点に
結びつかなければいいなぁ・・・と
念ずる日がやってこないとは 誰も言い切れない。

そこに「いつもの店がある」というサービスは
市民に安心をもたらす と イコールなのだ。

昨今の「B級グルメ」というブームを作って番組を作り
紙面を写真で飾ってブームを作って世に出すマスコミの動きは
なんとも納得できないし そんな風潮作りが哀れでさえある。
by tabi-syashin | 2012-02-08 23:41 | Miyagin | Trackback | Comments(0)

弘前

d0237340_78155.jpg

d0237340_7304128.jpg

d0237340_7101169.jpg

弘前についてさっそく蕎麦屋へ直行 真そば屋「會」 3度目の訪問。
場所は新寺町にある、追手門からタクシーで700円のところ。
もともと 蕎麦は美食ではない 言ってみれば庶民の腹ふたぎ。
弘前の御城下 たくさんの蕎麦屋があるが基本は「かけ蕎麦」「もり蕎麦」になる。
蕎麦に天ぷらを乗せるというのは たぶん昭和じゃないのかな 
天麩羅を乗せるとタレのいい味がしなくなるので あまり好みではない。
d0237340_7315672.jpg

d0237340_734357.jpg

d0237340_7145931.jpg
d0237340_7154888.jpg
d0237340_7162531.jpg

by tabi-syashin | 2011-10-30 07:41 | Aoimori | Trackback | Comments(0)

十和田のバラ焼き

d0237340_21394353.jpg
水玉の女王 草間彌生さんの作品



小雨の中を発って 仙台から4時間で十和田についた。
十和田といえば・・・何といっても現代美術館だろうけど、
もう一つの楽しみに「十和田のバラ焼き」というものを試したい。
美術館訪問前にさっそく腹ごしらえ。

「吉兆」という美術館にほど近い食事どころに向かう。
ここは牛肉ではなく馬肉のバラ焼きである。
カロリーも脂も過多の摂取は禁物なので、馬に決めていた。 
d0237340_21425379.jpg

注文して出てきたのは大量の玉ねぎに担がれた馬肉。
これがB級グルメで有名な「バラ焼き」ということで、
少し甘いタレが旨さの秘訣のようである。
玉ねぎが焼け飴色になる少し手前が食べごろらしい。 

いや~とにかく旨かった。おまけに安い! オススメである。
by tabi-syashin | 2011-10-24 21:43 | Aoimori | Trackback | Comments(0)

OMO

d0237340_22503925.jpg

あんまし・・・ 自分の行きつけの店は・・・ばらさないのがフツーだが・・・
息抜きの店なら 紹介したい店があるかも

今まで通い続けて40年 文化横丁通りで まず覗いてない店は無いのだが
最近 和服だったり チャイニーズドレスだったり肉肌を露出したオネーチャンがいるお店
今までの文化横丁では見かけなかったタイプのお店 異質の飲み屋さんができた。

でもこんな色っぽい店ができても かえって若返って良いなどと、、、
この横丁の住人は寄ってたかって 彼女たちをイジメたりしない。

たまぁに 酔っ払ったオトーチャンが 千鳥足でその店の前を歩くが
それほど崩れた客はこの店には入れない・・・のかもしれない。

まあ そんな文化横丁だが 若いのによくやってる店がある。OMO という店だ。
オニーチャンならいるけど オネーチャンはいない。

親子ほどの齢の差に許された彼のSタッチな毒舌に ドMな僕など へへ~い。
つい ひざまずいてしまう。

一見冷たそうでいて、じつは生温かな・・・イビリに興ずるには面白い息抜きの店だ。
 
客は現金をテーブルに出しておく、店主は注文のたびに置かれた現金から御代を戴いていく 
キャッシュオンデリバリーのお店
 
これなら深酒ができない。宵越しの銭は持たね~!、などと息巻く御仁には
なお よし!
by tabi-syashin | 2011-09-05 11:40 | Miyagin | Trackback | Comments(0)