人気ブログランキング |

<   2015年 10月 ( 30 )   > この月の画像一覧

d0237340_09445122.jpg





d0237340_15564125.gif



お駒のヒシは海谷の雄 「駒ヶ岳」の西、
根知川に面している。

高距四百メートル、ほぼ垂直の岩塔である。
ヒシというのは
この地方にふるくからある方言で、
きりたった岩壁の謂。
そいつはまさに巨人(ガルガンチュワ)。

獅子のような頭をもたげ、
両肩をいからせ、聳然と周囲を睥睨していた。
カタストロフィに飾られて、
巨人はますます尊大に、陰険に、
私の心もしめつけてゆく。

あのきみのわるいフェース。
夢にまで追いかけてきて おびやかし、
恐怖と戦慄のつめあとを ふかくうがった岩壁。



遠藤甲太著 「山と死者たち」 白山書房より抜粋








人は人とのかかわり合いで生きており、いろんな影響を受けながら生きている。山も同じで強く影響を受けながら50年近くかかわってきた。その山への誘いは山岳書物が多いのだが、なかでも登攀モノが中心になり、そのストイック性もあってか 山への理解に一般ハイカーとは歴然の違いがでているように思う。

昔と今の指向性の違い・・・、現在はマテリアルも交通手段も、何といってもパソコンのスイッチを入れれば山岳情報が即座に手に入る、何でも手に入るが、、、その代償として山への深い憧憬や情念、里人との温かな交流など明らかに大切なものを喪った。「軽薄短小」「安近短」の現在に山に目覚めた人と 一方、かつてデジタル情報のない時代、現場に立たなければ知りえなかった山岳情報や交通の未発達の時代に生き、計画からリザルトまで緻密さを求め、食糧から酒に至るまですべてを共同装備と捉え、それこそ生甲斐!と「重厚長大」に山に取り組まざるを得なかった我ら世代との違いは とりもなおさず行動形態に現れる。

つまり、それは「ソロ」という行動形態に代表される。ソロで山に入れる気安さは、反面、奥山に入らぬ、歩かぬことを意味する。それとは逆に 集団で切磋琢磨するということは、やがて、ソロでも奥山に入る実力を養うことに通ずる。 気安く浅く山を歩き続けるか?、苦労してのちに享楽を生むか?の違いでもある。

かつて何度もいってきたが 個人ではできないことをやり遂げる能力を新たに持ち 個人以上の実行力を持つのが山岳会という「組織」。だから、世情を断つ冬山でも 未開のワンダーフォーゲルでも 幽玄な谷でも亘れてしまう。そして これこそが「組織」の存在意義でもある。 



今日紹介する「私の書棚」。この遠藤甲太のおどろおどろした内面世界は私自身の内面に深く影響したものであり、一方 難所を淡々、飄々とこなす大内尚樹教授にも惹かれるものがあり、どちらも同様に大切にしてきた「彼ら」であり「書物」である。

彼らの接点こそこの「海谷」であるが その道にはその道に適うものだけが集まるという難局の道理が在る。この道理を理解するには 山に向かおうとする側の根底的な「内面の差」「積み上げ」が必要であることを先ずは知っておかねばならない。

いずれストイックな「内面の差」は深山幽谷に入り込んできた年月の差に歴然と現れ出るもの。それこそが各自なりの山との関わりであり、「積み上げ」という系譜でもある。さらにまた それこそが沢ヤと岩ヤとハイカーとの「ものの見方の色違い」にもなっている。

冒険の密度、山、岩への理解度、経歴の差、難局体験の違いなどとなって現れ出たとしても いささかも驚くものではない。面白そうな山に飛びつく一般ハイカーと地味ながら流域踏査を執拗につめる地域山岳会々員との差は 時々の局面で 既にも常にも現れ出ているのだから。



ここ海谷は いまでこそ「雨飾山」とロマンチシズム溢れる名称で多くの人を集めるが、、、じつはその隣り、海川に面する凝灰岩の岩壁で人知れず散った男たちの物語があることを それが最近まで続けられていたことを 忘れないでいてほしい。




d0237340_10481234.jpg






by tabi-syashin | 2015-10-19 17:20 | 書棚紹介 | Trackback | Comments(0)

d0237340_07203149.jpg
毎回登る度に構図が固定していて 昨年とも代り映えしないので 
もう少し 動き回らないといかんなぁとは思うんですが・・・

そのためには 山頂に幕営しないとダメなんでしょうね。
山影の出る朝と晩に撮らないと いい写真は撮れないんだろう。
d0237340_08403039.jpg

烏帽子山 北西面。

中先峰の肩からじゃないと 右裾をたれた烏帽子山をこんな風には撮れません。
槍ヶ先からの角度ですと 一番上の写真になります。

d0237340_08472137.jpg
中先峰から槍ヶ先 烏帽子山 一杯森 八森山への縦走路
d0237340_07212524.jpg
八森山 一盃森分岐の山襞
d0237340_07244224.jpg
d0237340_07225667.jpg
槍ヶ先、槍ヶ先から左へ流れる笹の斜面
d0237340_07210913.jpg
d0237340_07200894.jpg
槍ヶ先から見た中先峰と火打岳の重なり
d0237340_07241592.jpg
新倉見(シンクラミ)尾根の途中から見た八森山北斜面
d0237340_07234867.jpg
新倉見(シンクラミ)尾根の途中から見た中先峰

d0237340_13045109.jpg




by tabi-syashin | 2015-10-19 07:37 | Mount S Kamuro | Trackback | Comments(4)

d0237340_05563036.jpg




中先峰からみた火打岳の南面。かなり切れ立っているようで、さすが神室の怪峰ですね。
ブナはすべて枯れ落ちました。茶枯れた葉とブナの白い幹と コントラストが見事です。

昔、八森山から神室本峰に北上すべきか、役内から杢蔵へ南下すべきか迷ったことがあります。
なんせ 水の取れない山脈なので、北上か南下かは大きな問題でした。
それに情報を知る媒体なんぞ何にもない時代でしたから それこそ覚悟した冒険旅行です。

標高の高いところから低いところへ、水の得れるところ、軽量化が大事・・・ということで
役内から神室本峰、そこからの南下。あくる日、脚の不安もあって親倉見に下りました。
今じゃ火打新道ができ、土内デポで循環できます。昔は縦走も一苦労、その分充実感はありました。
なお、昔はJRもダイヤ本数が多く 飯豊や朝日、新庄神室などの縦走も普通になされていました。


右手に小又山が頭をチョンと覗かせていますが 昨年 けっこう撮影しました。
次回は 八森山から見た神室連峰縦走路に興味を持ちました。
夕刻に狙うとなると下山はヘッデン行動ですか・・・?水を持ち上げて火打の天辺で幕営するか。

西火打の水場は使えるのかどうか?・・・確認できていない。使えそうなら あとはサイトだけの問題だ。
風が吹かない気圧配置なら 火打テッペンで幕営できる。満天の星空の下、テントから顔を出し仰向けになって夜空を眺めていたい。


d0237340_05564947.jpg

d0237340_05584421.jpg
中先峰です。
d0237340_05571433.jpg
中先峰から見た大尺山

大尺山は最上町大堀地区からみると 八森山に次ぐ山塊にみえます。
怪峰火打岳でさえ、この大尺山に隠れてしまう。冬尾根に使います。

d0237340_06142750.jpg
d0237340_05573535.jpg
左から 火打岳、真ん中の頭が小又山 右が大尺山です。
d0237340_06203650.jpg
d0237340_06205230.jpg



by tabi-syashin | 2015-10-19 06:15 | Mount S Kamuro | Trackback | Comments(0)

d0237340_12521247.jpg
昨年とほぼ同タイムで 少し安堵しております。いつまで登れますことやら・・・。
昨年とまるで同じ気候で朝霧が立つ朝、8時半に登り始めて 槍ヶ先には11時10分前についた。
詳しく言えば 昨年は2時間45分 今年は撮影機材無しの軽装で2時間20分。
軽量化の分だけ少し早いかな?

d0237340_21172047.jpg

今日こそ と意気込んで起きましたが 出発が遅れてこんな時間に山頂じゃ いい写真は撮れません。
そうとう明度を落としても 明るい写真のオンパレードでした。


d0237340_12574444.jpg

中先峰から降りてくる途中に 逆光で撮った槍ヶ先。
襞の出ぐあいがカッコいい山です。八森山も烏帽子岳も午後にはヒダがきれいに出ます。
昨年は一眼レフで・・・http://tabilogue.exblog.jp/21242169/
いつも登る度に そう思いながら見ています。。。


d0237340_20340794.jpg

d0237340_20345115.jpg

d0237340_20354215.jpg
d0237340_06132965.jpg
d0237340_20371527.jpg

d0237340_21162835.jpg
d0237340_12584416.jpg

d0237340_21164209.jpg
d0237340_14270883.jpg
初冠雪の鳥海













by tabi-syashin | 2015-10-18 20:35 | Mount S Kamuro | Trackback | Comments(0)

FIAT600-Dの虫干し 風の沢

d0237340_17515550.jpg




今日はノンビリと 一眼レフカメラを持ち出して
県北の方を走ってきました。


50年前の車ですから 無理な負荷はかけられませんが
それでも普通に 何事もなく走り切りました。
車ですから走るのは当たり前ですが、旧車にとっては重要なこと(笑)

いつもの蕎麦屋さんで いつもの板そば。
そのごに 一迫 真山と走って 栗原まで
「風の沢」ミュージアムにて 陶器撮影です。


FIAT600-Dはなかなかいい感じで走ってくれます。


帰路は 三本木 大和インター 鶴巣 しらかし台を
すべて裏道で 走ってきました。
ハイオク10リットルで満タン! 燃費もまあまあ。

d0237340_19482976.jpg
d0237340_19280153.jpg
d0237340_17551882.jpg
d0237340_17525659.jpg
d0237340_17531438.jpg
d0237340_17533278.jpg
d0237340_17535756.jpg
d0237340_17541806.jpg
d0237340_17543276.jpg
d0237340_17545011.jpg
藁ぶき屋根は吹き替えられたようです。。。
d0237340_19331064.jpg

ここの母屋には 導入部となるテーマが掲げられています。
「THIS HOUSE MOVES 1300km/h」
ですと???

少し考えて・・・
緯度の速度だと ピンときました。
地球の自転速度は 赤道で1667km / h ですから

1667-1300=367
360km / h もの 速度差が赤道とはあるんですね。
栗原 風の沢地区は 北緯: 38.781056 です。

「これは 当地の緯度の自転速度ですか?」
と 申しましたら、

ピンポン! ですと(笑)
ボケてる割には まあまあですな(ジガジサン)

d0237340_19202213.jpg









by tabi-syashin | 2015-10-17 17:57 | Car | Trackback | Comments(0)

d0237340_19502420.jpg



なんとか 炊事 洗濯 掃除をかたづけ・・・
10時に家を出た。

泉ヶ岳は ドンと晴れ! 気持ちいいなぁ
ちょっこど 登ってくるか!

登り2時間ピッタシ! やるね(笑)
茶枯れたブナの山頂付近は晩秋という感じ

冬季の撮影ポイントを確認しながら
あっという間、1時間10分で下山

ものたりないなぁ
ちゃんとした山に登らないと アカンな





レンズが汚れていた。
バッグから出すときにレンズを触ったようだ。







 

by tabi-syashin | 2015-10-16 19:51 | Mount Izumi | Trackback | Comments(0)

d0237340_15564125.gif


南京大虐殺がどのようになされたのか・・・戦後の初等中等教育では習わなかった。教科書には南京事件として太文字で書かれていただけだった。高校になって 教科書によっては習ったことがあるかも という状況だった。

近代日本史をごまかそうとする人たちにとっては重要な問題だろうけれど、日本が侵略した中国で日本陸軍がどんな凄惨なことをしてきたか 世界の知識人の9割以上は初中等教育で学び知っているはず。

戦後になって日本政府は 日本がしでかしたことを 国民にはひた隠しにして、事実を曲げ、観点をぼやかし、初等中等の歴史教科書を改ざんしてきた。

そのつけを払わずに来た結果、中国が南京大虐殺問題を「記憶の遺産登録」という形で申請したことに 日本政府は逆切れするありさま。登録を認めたユネスコには 分担金払わないぞと脅している。

経済大国 文化立国のすることではない。これじゃ世界から批判されても当然だ。むしろ 今までユネスコに対し 世界一、二の資金を供与してきた過去数十年もの良識的行為が すべて水の泡になってしまう。

間違ってならないことは・・・戦争の歴史を 戦争を起こした当事国が 都合よく塗り替えるなど あってはならないこと。

ドイツのように世界の審判を受け入れて、逆に国の復興で世界に恩返ししている ああいう姿に何故日本政権は敬意を表しないのだろうか? ドイツといつも比較されるけれど はなはだ 嘆かわしいことだと思う。












by tabi-syashin | 2015-10-15 17:19 | colum | Trackback | Comments(2)

d0237340_21331516.jpg

山遊びとは何か? なぜお食事が大事なのか? 
一見 山と関係ないように見える話題だが、、、
実に 山遊びと イヤ 人間味と関わっているのだ(笑)

というわけで 再放送だ。。。


2015/05/23

山遊びの究極は・・・山での食事にあると思う(笑) 大きなテーマだ。。。山に泊まると 恐怖も 心寂しさもあるわけだが、即席麺じゃそれらを打ち消せない。それを打ち消すには、、、焚火とお酒 これらが火消しの定番になるんだろうね。

でも、昼時に、ランチを摂るのにワザワザ山に入ることを厭わず、むしろ 山で「食べるロケーション」、状況というものに一線、含みがあって それを積極的に展開する醍醐味というのは、沢ヤでないと理解されにくいかな?と思う。ピークを踏まずとも沢遊びは成立するから、山をピークハントすることに価値観を置く方々との違いは こんな時に現れてくる。

沢遊びの要素には 沢の瀬音と美味しいランチと過ごせる時間とが欠かせない。瀬音のざわめきを聴きながら 岩走る光の跳ねを楽しみ、2時間近い時を沢でのランチに充てるのは沢での贅沢なお遊び。その状況のただそれがために フキと地竹と小女子を前夜に仕込んで、2時間ほど薄味で煮込み、翌朝 冷めた鍋は 味付けの濃い煮ものに化けていることを期待する。それに、浅漬けの夏野菜がたんまり仕込まれる。キューリ、ナス、カブ、キャベツにパプリカで色も添える。舞台とキャストは既に前夜から仕込まれる、楽しくないわけがないじゃないか(笑)

こんな贅沢なランチを 沢というロケーションで展開するのだから 当然 「白石温麺」を冷やせば より夏を満喫できるというもの。ナイターを見ながら そう麺をすするのも夏の一興 風物詩だけど、、、「沢でランチ・流しそう麺」だなんて、、、ガツガツ登ってばっかじゃ とても思いつかない。

最後に、 コーヒーと夏柑で 沢の余韻を愉しんだ。

d0237340_21330427.jpg

山は登るためだけにあるんじゃない。山は難しい滝をクリアするためだけにあるんじゃない。ただそれだけに没頭しちゃうと・・・、周囲、他と己との関係性に気づかなくなってしまう。だから時々、山に登らず沢辺でランチを愉しむ そんな自分を作ってみるがいい、 さすれば 何故 山に登るのか?の答えが見えてくる。

それまでは自分から見た主観的な山や沢だったのだが・・・森や谷や植物や動物たちで成り立つ自然から観た自分、小さな我という存在に気づくはずだ。つまり 自分が考えていた沢や山が、例えばタイムや難度に支配されていたとしよう・・・、それのクリアだけに関心を持っていた自分がいたとしよう・・・、登山という価値観を 個という主体からだけ見れば、100名山まであと何峰?とか、この滝を直登したとか、標準タイムより早いとか遅いとか、、、個としては重要だったそれらが ことさら意味のないものに、小さく見えてもくるだろうし、GPS軌跡などのデータなども 客観世界から見れば なんも意味のないことだったと 気づかせてもくれる。

もっとも・・・、主観的な価値観に没頭している最中は こんな他人の意見に反発したい気持ちがあることぐらい こっちもお見通しだが・・・、山を愉しむ「価値観」がかわってくる ということにもっと神経を灌ぐべきと思う。今日はその一片を「沢でランチ」というテーマでご披露申し上げたが・・・ガツガツ登っても 何のため登るのか?を失っているようじゃ 所詮 無作為と同じである。

コースタイムやルートガイド的な要素や、主観のない修辞をブログで並べたとしても どれほどそれが無駄な行為と時間を消費していることか 「無為」であることに気づかされる。つまり 純粋に山を愉しむということが どんなことを意味するのか、山に何故上るのか・・・の意味が次第に解ってくるはずである。

d0237340_21333096.jpg

d0237340_21341954.jpg


d0237340_09121929.jpg


d0237340_08100745.jpg

d0237340_12515509.jpg
ササバギンラン
d0237340_12520652.jpg









by tabi-syashin | 2015-10-15 11:37 | Mount Futakuchi | Trackback | Comments(9)

d0237340_8164410.jpg





南会津彷徨

幾度となく思慕の糸を放ち 幾重にもなる思いを重ねてみても
究極的満足を心に宿すことができずにいる南会津。
渋さと地味さと厳しさとを混在させ彼の山は今日も問いかけてくる。
これに応じようとする我が内なるものは「胎内回帰」という概念だけだ。

求めなければ決して明利な答えを与えてくれず、
その幽玄な山懐に立てたとして、そしてまた一種の感慨を得たとして、
それでもさらに次なる問いや焦燥が待ち構える。
一度はまったら脱出不能な循環軌道に乗せられてしまう。
一つを終えても 再びまた「憧れの淵」に立たんと思慕の波が押し寄せる。

30年を経た今でも それが私にとっての南会津でいる。





国土地理院が発行する地図  

山岳愛好家にとって 地図は山への思慕を深める重要なファクター。
とくに地形図が今のようにカラーではなかった時代、
モノクロの地図を手に取るかつての岳人たちは最大の想像力を働かせ
稜線と谷筋とを脳裏に浮かべたことだろう。 

国土地理院にて手に入れることができる地図には 
1/25000、1/50000の地形図と 1/200000の地勢図とがある。 
ここで思慕を募らせることができる地図とは「地勢図」の方だ。
とくに好きな地勢図に「日光」「新潟」がある。
この地勢図を端から端まで毎晩のように眺め その山頂をつなぎ 
ピンクの線を入れていっつもカバンに入れて仕事に出かけていた。

果てしなく続くイメージ山行がこの地勢図で簡単にできるのだ。
とくに「日光」「新潟」となれば奥只見から南会津の山々がほとんど網羅される。
この地勢図を見て夢膨らむことがないという者がいたら それは「モグリ」だw 

自分を読手側に置くだけではダメで、冒険物語の書き手に転じないと
山の物語は描けない。 
まして高いモチベーションなど維持できない。

ちなみに・・・、上に掲載したのは地勢図「日光」の一部だが、
田子倉湖から燧ヶ岳周辺はほとんど春先に雪の稜線を繋ぎ歩いている。
ピンクに塗られた山頂はかつて歩き終えた山で一応三角点を踏んでいる
(ほとんどが雪の中に埋まっていたけどw)。 
かつての山岳愛好家というのはこの地勢図で思い思いの山行を夢に見、
計画を練ったもの。今でもだけど・・・。

地勢図というのは岳人にとっては豊かな発想の素、とても貴重なのだ。
若い山ボーイや山ガールも そうでない方も 地形図や地勢図に思いを馳せるようになったら
一人前の登山家になれる(無論、なる必要などどこにもないのだがw) 
僕はかれこれ45年そう思い続けてきた だから君にもそう言える。

なんせ 他人の登った記録の美味しそうなところをツマミ食いするような山行に
キラリ輝くものは何もない。
ましてや 山を語る資格に欠落が生じるのを知っていながら 
胸など張れるものではない。

しかし 喩え他人のトレースといえ じっくり我が心に温め 想いを馳せる計画ほど 
その実行には大きな喜びが湧き上がるものだ。

手に入れることが可能なら、、、地勢図「日光」「新潟」を眺めてみよう。
そこに一本の山波や一つのルートを発見した時、、、 君の冒険物語が始まるのだ。




d0237340_2228616.jpg




今現在、国土地理院が発行する1/25000地形図(@¥250/枚)を買い求め登っておられる方はいるだろうか? 
ほとんどの方が時代の変遷に追われ、GPSやらスマホのアプリで登っておられるんじゃないだろうか?
せいぜい 昭文社の「山と高原地図」で済まされておられる、アナログユースな方がほとんどだろうか?

けっして他人のブログのトレースだけはすることのないように、、、
オリジナルな冒険は自分の心の内にあるのだから。
かつて 地勢図そのものを 夢見る道具に使っていた自分がいた。
日光 新潟、2つの地勢図が冒険の泉になった。

もっとも トレース専門ならNHKのBSをみれば充分ではあるのだが・・・(笑)








by tabi-syashin | 2015-10-14 09:42 | Mount M aizu | Trackback | Comments(10)

d0237340_16224952.jpg



先週の飯豊登山のロングコース登山で けっこう体力を使ったようだ。
今回、脚が重くて上がらない ストレッチしない所為もあってか体が重ダル。。。
気も重いとなって・・・裏林道にチェンジした。写真でも撮りながらの気分転換だ。
今回で10回目を越えたかと思われるが、、、何度通っても癒される道だ。

写真は 燧裏林道を赤田代まで。。。

紅葉の季節ともなると 小屋の週末は満室状態が続く。。。
この界隈ではアットホームで食事が激うまなのは 原の小屋 評判の小屋だ。



d0237340_13092885.jpg


奥の山には・・・
ひとりではかかえ切んねほどの
ずない(大きい)木があって。

バリ バリ バリ と 
山中ひびぐよな音出して
地ひびきたでで 倒れた。

気持ちよがったなあ。



きのこや山菜。
ヘビでも何でも食ったもんだ。
ワナにウサギがかかったりすっと 
そりゃ ご馳走だった。
どぶろくで疲れも吹っとぶ。



山小屋に佐渡きこりといって
字が読めるきこりがいて 
雨が降ると講談本を読んでくれた。

これが楽しみだった。
楽しみだったんだげんちょ 
読めぬ字は飛ばすもんだがら 
筋がよっくどわがらね。


   
文:横田 新(ヨコタアラタ)

d0237340_16035636.jpg
d0237340_13315471.jpg
d0237340_05494551.gif
d0237340_13304422.jpg
d0237340_16043955.jpg

d0237340_16051004.jpg
d0237340_16053383.jpg
d0237340_16064507.jpg
d0237340_16071135.jpg
d0237340_16144719.jpg
赤田代











by tabi-syashin | 2015-10-13 05:42 | Oze | Trackback | Comments(0)