人気ブログランキング |

西ノ又という地名は 最上側の西ノ又「沢」と 秋ノ宮側の西ノ又「川」と2っあるので 岳人であれば少なくとも 呼称は区別すべきかな。

それはさておき、今回は 仙台を出るのが遅く 前回の8:30よりもさらに遅い9:00の入山になってしまった。当初は有屋口8:00発を計画していたのだが 遅れにより仙台から最も近いコースということで役内の西ノ又川コースにした。

このコースは 上部にキヌガサソウ群生地があること、途中まで平坦な川沿いの道なので 他のコースよりは比較的楽に取りつけること、山毛欅林が直射日光を遮ってくれること、などの特徴を持つ。

渡渉点は3ケ所。最初の二つは吊り橋で、渡し板もしっかり取り付けられていた。最後の徒渉点は雪渓があるので初夏、花を追う人たちにとっては緊張が強いられるかもしれない。上部で雪渓崩壊でもあったのだろうか? 今朝は茶色に濁っていた。流量も多めなので 上流部での問題は特にはないだろう!と踏んで渡り終えた。

d0237340_16473988.jpg


d0237340_16475520.jpg

ただ、標高にして700mあたりから第3渡渉点までの間、枝沢の横断ヶ所と 側壁の崩落個所3ケ所が悪い。でもまあ、それとて新たに開削され、トラロープもあるし 足掛かりを保つことと上体のバランスにさえ注意して越えれば ロープに縋る必要もなく 特に問題はないはずだ。

「落ちたら数10mは滑り落ちることになる、関係各所に善処を求む」などとブログにアップされる御仁もおられるが、でも東北ならそんな山道は随所にある。そもそも沢コースを選んだ時点で正否を悟り、「自己責任」の意味を深く識るべきだと私は思う。(申し訳ないが、「経験の差」だと思う)

お役所に縋らなければ登山ができないようでは 本来登山の醍醐味(冒険性)が失われてしまう。観光登山の対象なら他の山で代用すればよい。良い喩えではないが、 獣に怯えながら 一晩 藪山を彷徨ってみてはいかがだろう? 山で夜明けを迎える悦びとは闇夜の恐怖を味わってこそ得られるもの、 それが経験という差を生むものだ。

崩れた山道も無事に通過できるよう自助で算段するところに 登山の面白みがあり また登ることへの意欲にも通ずるのではなかろうか?

d0237340_16481091.jpg

d0237340_16592537.jpg

最後の渡渉を終えれば 数分で「不動明王」の祀られる広場につくので大休憩としたい。登山口から約2時間ほど(下りも同タイム)。登山道を20mも行くと湧水がある、急坂に備えて水を確保しよう。

この広場にはテントが張れる。たとえ午後発ちでもここまでなら前進でき、翌朝の撮影にはもってこいのサイトになる。神前なのでゴミは出さない、散らかさないこと。

d0237340_16483120.jpg

d0237340_16484986.jpg

「不動明王」から10分も行くと「胸突八丁」の看板がある。看板には 胸突八丁坂、御田の神、熊の横道、熊の昼寝坂、窓くぐり坂、鏑山大神を経て山頂とある。ここからの胸突八丁坂は高低差で200mちょい45分ほどの急坂となる。落石を起こさないようジックリ登ろう。

d0237340_16491922.jpg
前神室を右手に見上げるようになれば、植生もブナ林から低灌木帯となる。写真を撮ったりして一息入れておこう。やがて視界も尾根右手から左手へと移るようになり稜線基部に出る。トラバース気味に10分もいけば「御田の神」だ。

「御田の神」から先の雪渓は遅くまで残る。ガスって視界を失ったときには右側の竹藪に沿って行けば5分で「窓くぐり」の登路に至るので慌てずとも良い。逆に、下るときには左手の竹藪沿いに下る。

d0237340_16495389.jpg


*「不動明王」から「御田の神」まで・・・普通に45分ぐらい。どんなに遅い人でも1時間30分の見当でこなせる。このコース一番の「頑張りどころ」となる。「下り」は 窓くぐりから不動明王まで普通に30分ぐらい。どんなに遅い人でも約1時間。

d0237340_16501870.jpg

by tabi-syashin | 2014-06-29 17:00 | Mount S Kamuro | Trackback | Comments(0)

d0237340_20593421.jpg

河北新報秋田版によると キヌガサソウは秋田の絶滅危惧種になっているみたい。近年ようやく紙上に取り上げられたんだろうか。凄い!取り上げ方だった。まあ 無理もない、、、登山道わき50mほどが群生するキヌガサソウなので。。。記事によれば 1700株を有志で数え上げたと記されている。

今日はキヌガサソウを観るだけピークハントなしの登山。もう花が緑色になりかけ 花の盛りは過ぎてるかな?と思いながら登ったんだけど、雪解けの周りには新芽も出てきており7月中旬までは見ごろ? というところ。 雪田の影響で霧が発生するけど 霧の中の草花鑑賞もいいもんだ。キヌガサソウは日本古来の和生種なので 絶滅を避けるため登山道を付け替える話にまで行くようですよ。囲い込みで、人から避けることには あまり賛成はしないけど・・・ねえ。

d0237340_2105042.jpg
中には この花のように花弁が9枚だったり 7枚のもある。
d0237340_211658.jpg

d0237340_211382.jpg

d0237340_22253787.jpg

それにしても鬼首トンネルを越えた途端 夏空・・・秋田内陸は。梅雨時は日本海側に限る。今日も不動明王までブナ林の中 順調だったけど・・・「胸突き八丁」でバテた、四肢を投げ出して御田の神で大の字だった。帰り道は第3渡渉点で泳いでしまって、、、滝を見ながら生き返った。シャツを濡らす程度のつもりだったが そのままドボン。暑いのでダイナミックにジャバジャバやってしまった。

d0237340_2115227.jpg





by tabi-syashin | 2014-06-28 21:01 | Mount S Kamuro | Trackback | Comments(0)

LOWA製 TAHOE PRO

d0237340_20124263.jpg

今春から靴を替えた。LOWA製 TAHOE PRO(タホ)

手持ちの夏道兼用靴は雪上やアイゼン装着時ならバッチリだったけど、無雪期のハイキングには ソールが硬くて かなり不向きだった。雪も融けて夏道歩きの季節になり、評判の良かった候補の中で、LOWAのタホという革靴を購入した。

いやぁ この靴はソールが軟らかで疲れない。いい靴に巡り合えた。革靴は重いというイメージもあったが とんでもない 実に軽い!!少しお値段が高かった。でも それに見合う歩き易さと信頼があった。




僕が初めて履いた登山靴は・・・「ミナミスポーツ」のミドルカット登山靴。靴ひもの締め具に「D環」が装着されており紐の締めあげがとても楽だった。それにカッコイイ山靴だった。これを大学2年時に購入したのが最初。社会人山岳会では沢足袋ばかりを郡山、仙台と20年ほど購入し続けており、陸に揚がるようになって、ようやっと 夏山用の需要に駆られたことになる。

冬山用にはコフラックのプラスチックブーツがあったがインナーがボロボロになり、夏道兼用のイタリアのスカルパ社製登山靴を購入し 現在に至っている。だがソールの堅さが邪魔をして、踵がついたら、即 爪先がつくイメージで、踵-バタン-爪先、踵-バタン-爪先、、、バタンバタンという感じで堅過ぎて夏道には不向きだった。もっとも冬山では保温性があるし、キックステップは一発で決まるし、いい靴だ。

カッコは良さげだが・・・スカルパ。ヨーロッパの山々、アルプスなどの岩場を想定しているので、、、実に靴底には硬質な「シャンク」という板が組み込まれている。だからイタリア製の靴は硬く仕上がっているというのが常識だ。日本であれば穂高や立山にしか適合しない靴の硬さだ。月に3回以上 山に登るのであれば、見た目よりも 歩きやすさで山靴は選ばれるべきだと思う。

これからはLOWAの登山靴「タホ」で 夏山を充分楽しめそうだ。今日まで3回履いたが 違和感なし、疲労感や痛みもない。いい買い物をした。

d0237340_217197.jpg

by tabi-syashin | 2014-06-26 20:13 | Mount | Trackback | Comments(2)

d0237340_22471059.jpg

新庄神室登山を終えた夕方・・・
いつもの如くラーメンが 食べたくなる。

塩分を摂るのは イヤだけど
ラーメンのあのスープの味には 敵わないw

帰り道、ラーメン食べに行こうと決めた。

古川でラーメン屋さんというと・・・
ここ、富士屋さんしか 実は 知らない。

おいしい! もうそれだけで充分だ。
by tabi-syashin | 2014-06-26 07:34 | a la carte | Trackback | Comments(0)

d0237340_22474870.jpg

07月・・・
★☆ 7/05 朝日連峰 大井沢
★☆ 7/12 和賀岳
★☆ 7/19 秋田駒
★☆ 7/26 月山 志津

08月・・・
★☆ 8/02 朝日連峰 古寺
★☆ 8/09 朝日連峰 大鳥
★☆ 8/23 朝日連峰 鳥原
★☆ 8/30 朝日連峰 予備

09月・・・
★☆ 9/06 神室連峰 土内
車両2台でなら 神室連峰縦走
★☆ 9/13 八幡平 時計回り循環
by tabi-syashin | 2014-06-24 22:48 | Mount | Trackback | Comments(0)

神室連峰 槍ヶ先

d0237340_741569.jpg

南蔵王に行って 「花巡り」でもして来ようと、朝もゆっくりでいいや と構えていたら、天気予報はあまり芳しくない。近場でお手軽なトレーニングの山、神室連峰を選んでみた。近頃のマイブームで なんといっても そのコンパクトさに魅力がある。こちらも昼までは曇りだそうで、晴れるのは午後ということだった。時間がないので 一番身近な尾根、槍ヶ先尾根を登ることにした。

d0237340_8374315.jpg
タニギキョウ

親倉見(しんくらみ)登山口駐車場で出立の準備をしていると、かつて新倉見の住人だった方がバイクで来られて ご挨拶。昔の集団移転の話に至っては長話をしてしまった。40年前、親倉見は12軒ばかりの集落だったが、昭和48年と49年(1974年)に自治省の「集落整備事業補助金制度」により、大横川対岸の2軒とともに、7軒ずつ2年で14軒で町内大堀地区に集団移転した。で、今は農作業には軽トラで毎日 新倉見の田畑に通っている「通勤農業」というらしい。

山間部のこちらで 米と炭焼きとで生計を立てるのは厳しい。豪雪・陸の孤島、三ちゃん農業、嫁飢饉、冬場は出稼ぎの村となって、集落維持が困難といわれる。この親倉見地区以外に集団移転となったのは赤倉温泉近くの山間部、作造原地区14軒と大森地区8軒。いずれも昭和期に開墾された地区で、林業の衰退で営林署勤務者の多かった大森地区はほとんど集団移転に賛成した。しかし、作造原地区は開墾に要した借金がいよいよ返済できそうという段になっての減反政策の追討ちとで「将来の展望が持てない 移転しても同様だ」とのことで今現在も4軒が移転せずに農業で頑張っていると聞く。
d0237340_657799.jpg
ツクバネソウ

さらに 彼によれば 昔、大崎古川からカメラマン?がこの山に足繁く通ってきていて 来るたびに「俺んち」で泊まっては登っていたそうな・・・。私も平成3年5月25日(1992年)にここを訪れていた、あの時は「駅から登山シリーズ」がマイブームで 新幹線で新古川駅、陸羽東線7:32に乗り、鵜杉駅に9:22に着いたと記録を残している。上鵜杉から薬師原まで約50分、親倉見までさらに10分、記録では登山スタートは10時12分と書き記していた。

その記録から さらに遡ること20年。そのカメラマンの方は・・・、この地に前泊すれば翌朝の登山に支障が出ない、付近に民宿はないので、まばらに立つ民家を訪ねてその居間のいろり脇に横になりさえすれば充分と考えたのだろう。そうしないと冬季、この山には登れない。今でこそ アスファルト2車線道路が走るが 平成になった当時でさえ 道は細く 草が生えた農道そのものだった。鵜杉駅横の遮断機の幅そのものが道の奥、ずうっと登山口まで続いていた。

さらに私の記録によれば、帰りは鵜杉駅から東仙台駅まで当時2160円を要していた。弁当・ジュース・切符などで一日8010円かかったと記録に書いてある。今では小牛田から乗り継ぎなしで新庄に向かう各駅停車の普通電車は早朝には一本もない(今は小牛田発 9:06だけ?)。 それにしても新幹線は人情や情景さえも消し飛ばしてゆく おまけに高いし。

d0237340_7441660.jpg
シロバナニガナ


駐車場には他にソロ・ピークハンターの方が準備をしていた。先日 有屋から神室に初めて登って、神室の魅力に取りつかれ 今日は最上から火打岳まで行くという。登山口で 先行してもらった。こちらは急ぐ旅でもないし、まして ピークハントという価値観を今まで45年間持ったことがない。カメラを出し、太い山毛欅を眺め、樹花と対話しながら山行するのが自分流、今日も堅持だ。

だが今日は・・・、久しぶりにレコードを得たいと思っていた。四十代のころは2時間10分で登った。今日の荷物は普段通りなのだが、20mお助けザイルだけ自宅に置いてきた。けれどレンズは3本(^~^;;、、、僕の日帰り用ザックはいつも重い。タイムは2時間45分で槍ヶ先までいけた。写真は10枚ほど撮れた。トレーニング不足や撮影しながらの割には まあまあのタイムなので、次回は 土内から火打岳にも登ってみようと思う。筋肉痛に泣かされるのに懲りていない、困ったものだw

d0237340_7431555.jpg
一番奥が火打岳

山頂で、 讃岐うどんを茹で 小葱を刻んで 長茄子の漬物を飾って 豚バラで出汁をとり 「肉うどん」をこの槍ヶ先山頂で啜ろうと思っていた。三角点横で荷揚げしたもの(水、小葱、生姜、漬物、うどん、豚肉、砂糖)をいそいそと捌いていた。それにしても、やけに虫が集るので 防虫ネットを被って対応したのだが・・・、これが うどんを食す段になって 啜れない、食べにくい、イライラするといったらありゃしない。ネットの中に食器をくぐらせ食べるという技を覚えたw、最後に オレンジと日本茶で締めると、時間も身体もお腹もいい頃合いになった。

山に入ったら、自然に身を同化させる。入山から下山まで カリカリにシャープネスを利かせた写真を撮ってブログに順番に並べても、山を味わったことにはならない。 標準タイムと比較するなぞ愚の骨頂、山の魅力に何ら華燭を添えない。 「できた」一人称を「できなかった」三人称相手に誇示している様はあまり宜しいものではない。ソロで入る、山懐で一夜を明かす、自分を研ぎ澄ます、 山に登るというならこれで充分だ。
d0237340_7532236.jpg

by tabi-syashin | 2014-06-23 10:17 | Mount S Kamuro | Trackback | Comments(0)

d0237340_200105.jpg


35mmレンズでは、ちょいと迫力のないコンドル、、、禿げてないけどw
本日の一枚 「神室の大鷲」



神室連峰には 大鷲が生息しているんだね。
風切り羽がパアッと開いているのが肉眼でもわかる。

昔、サイモンとガーファンクルが歌っていたフォルクローレ
「El Condor Pasa」を思い出した。

今日の山行で 槍ヶ先の頭上に舞う大鷲に
すごい感動を得て 帰ってきました。そう!それで 充分!
登り2時間45分、 下り1時間15分 だんだん縮まってく!!


その昔、会津でも博士山あたりに
イヌワシ保存会があったのだが 今はどうなんだろ?



鳥に倣って話は飛ぶが・・・w
鳥の目になって世の中をみることができない人間って
なんか・・・ね。

その昔、威風堂々していた山の民も ・・・
世事絡みになると 小さな人に見えてくる。
それが「現」なんだろうね。

d0237340_2051488.jpg

by tabi-syashin | 2014-06-21 20:05 | Mount S Kamuro | Trackback | Comments(0)

霧に浮かぶ・・・姥石平

d0237340_2057313.jpg

今回は強風と濃霧とで花を楽しむという感じにはなれなかった。

ていうか、、、ツブ沼駐車場で2台から1台の車に乗り換え出発した時に
うっかり 一眼レフを自車に忘れてしまっていた。まるで一日が読めるような失望感だw

結果はSIGMAで暗所をとるような 難しい状況になってしまった。
マゼンタとグリーンのムラが出きてるんですが 光が足りない状況ではよくある話。
証拠写真を撮るにしても 暗いし、花弁は水を吸って透きとおってるし
おまけに しぼんでしまっていて これではどうにも撮る気にならない。

ましてや この風! シャッタースピードを上げれば 画は暗くなるし、
かといって下げれば 強風下の花弁は大きくブレる・・・
SIGMAは今日のような天気条件では、まさにお荷物だ。

帰り、小屋でザックを詰め替え下山の準備をしていた、、、
交換レンズ「100mmマクロ」がコロンとある。今日の空しさを物語っていた。

反省
曇り空 風もある・・・ こんな日の登山は 単に登ることが目的となってしまう。
適度に休憩をとろう。これさえも忘れがちになる。当然 水分補給もままならない。
風に吹かれて冷えた体に疲れが追討ちする。「休憩と補食とおしゃべり」は大事!
d0237340_5564878.jpg
ヒナザクラ
d0237340_6574674.jpg
ミヤマダイコンソウ
d0237340_657221.jpg
ハクサンイチゲ
d0237340_2125871.jpg
ハクサンイチゲだらけw

さらにさらに、不幸に不幸が重なるのは世の常? 紛失事件が再び 起きてしまう。
そのSIGMAが、「藪漕ぎ」でケースから落ちたみたいで、雨天用バッグが異様に軽い?
バッグの蓋を開ければ なんと中身がない!? カラッポ! 焦りました。
ツブ沼合流点手前でパーティと別れ、先程の登山道迂回路の藪地に戻ろうとした。

今回はたった2mほどの藪地点へ、、、見つかると信じてサルベージに戻った。
前回の会津山行でもSIGMAのフィルターを紛失し 途中戻ったら雪の上で発見できたが
今回は、、、はたしてどうか? 失くしたのは高価な本体! しかも藪の中?
なんとしても 諦めるわけにはいかなかった。

運の良いことに後続のカップルが発見してくれていて 途中50mほどで遭難救助。
こんな具合だから 意気込みの強い山行は・・・何がしかの問題が起きやすい(笑)
花もダメ 画もダメ でも山行は楽しかった。こんな山行は案外記憶に残るものである。

d0237340_214932.jpg
小屋前の雪渓登りで眺める、天竺山(左)と 経塚山。
シルエットが・・・、貧乳と豊乳だって?・・・ふぅむ なぁるほど。。。
d0237340_2171369.jpg
中沼。下山途中、このあたりから気温が急に上がります。

このあたりの湿地には水芭蕉が多くみられますが、、、よ~く観ると、黄色い花房がほとんどの株に見当たりません。しかも水芭蕉の葉っぱが踏みつけられています。おそらく クマが好物の黄色い花房を食べてしまったのでしょう。水芭蕉の湿地帯はクマが出そうで ヒヤヒヤしながら通過します(笑)

中沼の畔にはコバイケイソウの葉が見られます。クマは長い冬眠を終え 脱糞するのに下剤薬としてこの根を食べます。
by tabi-syashin | 2014-06-15 20:59 | Mount Yakeisi | Trackback | Comments(0)

逢えるといいね

d0237340_14331436.jpg

ミヤマシオガマ・・・(昨年6月)

今年も こんな感じの写真を撮りたいと思っています。
予報は曇り 降水確率30~40% 雪渓がドカっ とあるようですよ。
前半は虫に襲われるようです。 後半は硬い雪渓だそうです。

レンズは100mmマクロ、ズーム12-24mm 2本のみ。
カメラは Fujifilm X-E1 と SIGMA DP2 Merrill と PENTAX K3 の3台。

この山は、足攣り事件に肩脱臼事件と好い思い出がないので、せめて花だけでも。。。
小雨降る、霧がむせぶ情景もいいけど でもやっぱり 晴れた方がいいw
by tabi-syashin | 2014-06-10 14:36 | Mount Yakeisi | Trackback | Comments(0)