人気ブログランキング |

こめやのうどん

d0237340_23232657.jpg

昨夜、テレビでマチャアキの料理番組を観ていたら
急にカレーうどんが食べたくなって・・・ 今日 思い立ったのがこの店。 

以前 うどん店は いろいろと食べ歩いていたが・・・
いろは横丁の伊勢うどん「阿吽」さん、パークタウンの「むら泉」さんがお気に入りで
で、、、今はココ「こめやのうどん」さんがご指名である。

オート三輪が店の横に デンと大事にされ 居座る?(笑)
旧車仲間の経営する うどん屋さん 「こめやのうどん」
店名は 先々代まで米屋さんだったから、「こめや」に「うどん」を付加 わかりやすい ^~^;;

店がオープンして以来 通っている。
夏の「ぶっかけうどん」、 冬の「カレーうどん」は格別においしい。

ぜひとも味わってほしいなぁ。場所は福室。高砂地区に近いか?
地図を見ながら行かないと ちょいと迷うかもしれない(笑)
行くなら 営業時間にも注意してね!


PENTAX Q 01 レンズキット
手のひらに乗る超小型一眼カメラ、ペンタックス Q で撮影したけど
不慣れなせいなのか、ちょいとピンあま。でも使えるねこのカメラ。 
01 Standard lens って 寄れないのかな?


d0237340_19294914.jpg

by tabi-syashin | 2012-02-26 19:27 | Miyagin | Trackback | Comments(0)

江合川堤防

d0237340_16481189.jpg

d0237340_17371990.jpg

d0237340_1647253.jpg

岩出山の江合川堤防沿いに、週末だけ開店する蕎麦屋さんがある。
名前は 愉多工房 。名前からして 蕎麦屋とは気づかない。
もともと 手作り家具の製造元で、特注家具を造られているようだが、 
凝り性な店主の性格が この蕎麦打ちにもあらわれる。

それにしても・・・ こんなところで? 手打ち蕎麦を?
ここに来る度 いつもそう思う・・・(笑) 
なおさらに、旨いこと請けあい! とっておきの店になりますヨ。
ただ最近は 2時前には 売り切れる日が多いかな?

d0237340_17121833.jpg


この蕎麦屋さんを 紹介してくれたのは・・・
岩出山のちいさなパン屋さん 「ひとつぶ堂」さん。
今日は 店主のお父上がお店を手伝っていた。
 
「はじめまして あの お人形さんを作られた ・・・?」
なんともぎこちない挨拶をしてしまった(笑)


今日やっと 優しい表情の作品と その作者のお顔が一致した。
優しい目をお持ちの お父上だった。
家族総出で おいしいパンを焼く、、、 いいなぁ・・・。
朝に焼きあがったパンは もうすでに売り切れていたが
なんとなく 満足した自分がいた。

d0237340_17201492.jpg

by tabi-syashin | 2012-02-12 16:50 | Miyagin | Trackback | Comments(0)

ブラザー軒の杏仁豆腐

d0237340_23353947.jpg

久しぶりに食べましたっ 杏仁豆腐。
ブラザー軒の中華ランチのデザートだけど。。。
あいかわらずの美味しさ しつこい甘さではなく ほどよい甘味
洋食も中華もどちらも手ごろで いつでも美味しさ満点。


そこに行けば いつもの味がある。当たり前のようだが 
昨今 馴染みの店がそこにある ということが意味を持つ 
とてもブランド力を持った気がする。

ひとつの 安心と云うサービス 
それが老舗の立ち位置であり ブランディングでもある。
仙台には老舗という「安心」がまだある。

市民の僕らが それがもつ本当の意味を理解しないと
浮ついた街で過ごすことになるんじゃないかな。

毎年店が入れ替わる? ・・・? ・・・?
安心して食べれない、歩けないという不満が生ずる。

そしてそれが 安心して暮らせないという点に
結びつかなければいいなぁ・・・と
念ずる日がやってこないとは 誰も言い切れない。

そこに「いつもの店がある」というサービスは
市民に安心をもたらす と イコールなのだ。

昨今の「B級グルメ」というブームを作って番組を作り
紙面を写真で飾ってブームを作って世に出すマスコミの動きは
なんとも納得できないし そんな風潮作りが哀れでさえある。
by tabi-syashin | 2012-02-08 23:41 | Miyagin | Trackback | Comments(0)

薬師堂の豆まき

d0237340_15242264.jpg

今日は 陸奥国分寺薬師堂の豆まきの日。 
午前10時も過ぎると 近所からたくさんの子どもたちが集まってくる。
節分は昨日だが 立春の今日はわざわざ2回の豆まきが催される。

薬師堂の豆まきは親しみやすい。市長 署長 町の名士や、スポーツ選手とか
お偉いさん 有名人は まったくやってこない。
その代わり お婆ちゃんがやってくれば その手をとって 導いてくれる 
ありがたい、親しみやすいお寺さんだ。
地味だけど... 子どもたちの集まりやすい "季節の祭事記"の場だ。
d0237340_15245743.jpg

d0237340_15252784.jpg

d0237340_9274349.jpg

d0237340_15261570.jpg

d0237340_15264283.jpg

境内に降り積った雪は 雪遊びの広場を子どもたちに与えてくれた
d0237340_1527364.jpg

d0237340_1610890.jpg

d0237340_9283958.jpg

by tabi-syashin | 2012-02-04 15:37 | Miyagin | Trackback | Comments(0)