人気ブログランキング |

ぶらり 新潟・津川へ

d0237340_13514765.jpg
磐越自動車道を使って 新潟から会津に抜けてきた。
なぁに 日本海の寿司を戴きに 1000円高速の恩恵にあずかっただけ。ついでに 日本海の冬魚といえば「のどぐろ」と、誰もが勧めるほどの塩焼きも戴いてきた。脂が滴るほどの美味。酒は「〆張鶴」「吉の川」。 


d0237340_13530301.jpg

d0237340_13555663.jpg





途中、津川に立ち寄ってきた。ガンギで形作られた街並みが妙に温かみを覚える。
このガンギ・・・青森の黒石にもありましたっけね。
d0237340_13565953.jpg

 
来年はひとつ ここの祭りを観光しようと思う。阿賀野川の向こう岸の神社で結婚式を挙げ、舟で川を渡って町内を一回りお披露目するという・・・なんとも 顔には狐のような化粧が施され 町民も観光客も一様に「狐顔」して祭りに参加するのだそうだ、、、なんかこう来春が 楽しみになってきたぞ。



狐の嫁入り、、、現代までも続く奇祭の一つかな。。。
d0237340_13573798.jpg


by tabi-syashin | 2010-11-25 20:38 | Niigaa | Trackback | Comments(0)

d0237340_17385737.jpg

会津で食事といえば・・・田季野になるのかな???前回、他所の店で食事したけど やっぱりここのお目当てのメニュー「きのこワッパ]か「ぜんまいワッパ」が忘れられない(笑)
値段が大幅500円ほど 値上がったかな?・・・味噌汁や天麩羅饅頭、漬物がセットとなるので 注文方法は便利にはなりましたが。 ほんのもうチョイ奮発すれば、割烹でランチいけちゃいますから・・・、あくまで観光客御用達なんでしょうね。それにしても ここの「きのこワッパ」は最高に美味しい!
d0237340_1740230.jpg

by tabi-syashin | 2010-11-24 20:45 | Utukusima | Trackback | Comments(0)

会津 西山温泉郷

d0237340_23492233.jpg

仙台から1000円高速で、、、約2時間。会津坂下・柳津インターに到着します。

狭い土地ですよ 耕地にする土地がない。
川が運ぶ肥沃さ ってよくいいますがここでは・・・ほとんどが畑地。
田んぼは少ないです。

d0237340_23431337.jpg

会津西山温泉郷 老澤温泉です。
前回は 熱い温泉でしたが 今回は適温でした。

d0237340_18125269.jpg

by tabi-syashin | 2010-11-20 10:30 | Utukusima | Trackback | Comments(0)

銀山温泉

2010年の記事が画像喪失し、無意味な記事になっていたので あらためて再掲示作業をしています。たくさんあるので ネット検索の多かった記事を先行させますが 時間の問題なので 果たしてどこまでできるやら・・・? 

d0237340_1710597.jpg

最後の紅葉期を迎えた鳴子峡に、山形側からアプローチすれば渋滞なし・・・ということで、小野田町から鍋腰峠・母袋街道を走り 途中でちょいと銀山温泉へ立ち寄り、温泉街撮影会。こうして温泉街を眺めていると、藤屋さんだけが奇抜な意匠だったが、今じゃ馴れたかも?
d0237340_2026353.jpg

d0237340_17114788.jpg
 
d0237340_171222100.jpg

d0237340_20244569.jpg

カメラマン好みの能登屋さんも内装工事に入ったみたいですし、ずっと奥の旅館さんも外装工事に入ってました。昭和58年 NHK朝の連ドラ、「おしん」で有名になった温泉街も、27年間を経るなかで変貌しましたね。ついこの前までは・・・温泉街を流れる銀山川の左岸側(藤屋 能登屋 永澤平八さん)が撮影対象となったものですが、今は その左岸筋も内外装工事中の建物があって、逆に右岸筋の旅館街が形勢逆転した格好で土産物屋さんなどが賑わってました。 朝早くから陽の当たる右岸筋なので 撮影が楽チン。晩秋、左岸筋に陽が当たるのは午後から夕方なので その頃合に撮影したものですがね。
d0237340_20243994.jpg

d0237340_2025158.jpg


食べ歩きでは 相変わらず名物「豆腐」が美味しかったし、観光地の蕎麦も美味しくなりました、味が相変わらず濃すぎるのは・・・この際 ご愛嬌かな。
d0237340_20284266.jpg

d0237340_17134518.jpg

by tabi-syashin | 2010-11-13 10:37 | Yaagata | Trackback | Comments(0)