人気ブログランキング |

錦織りなす

f0081398_21204572.jpg


秋の色に ドンピシャって 出会ったことがあまりない・・・
米沢あたりの秋は どんな色だろう??? 
・・・それにしても温かい。こんな天候じゃ 紅葉本番は月末かな???
f0081398_2118269.jpg


米沢から吾妻に向かって30分、 目指すは白布高湯温泉の吾妻軒。。。
秋になると食べたくなる・・・きのこ蕎麦。
すごい量のきのこがどっさり! 蕎麦がきのこで隠れてしまいます。
f0081398_17285515.jpg


お腹が満たされたところで・・・ 白布名湯、西屋旅館の打たせ湯へ。
f0081398_21223263.jpg

錦繍の秋を探すことより 西屋の暖簾に興味を惹いた。。。まあ こんな時もある
f0081398_8463284.jpg

薄紫の暖簾は 中秋の名月を象った絵柄だったが・・・ 
夏の遺物のような? 透ける生地に染めてあって
秋盛りの古宿の暗さとに そのバランスの崩れを感じ・・・ おもしろい。
f0081398_1114550.jpg


西屋の居間の磨きこまれたガラス。玄関の暖簾が映る。。。おみごと。
f0081398_1145780.jpg

その昔、囲炉裏でお茶を差し出してくれていた婆ちゃんは もう いない。。。
f0081398_1123430.jpg

磨きこまれた館内。飾りつけも増えてきたようだ。。。若女将の好みか?
f0081398_11316100.jpg

f0081398_7235480.jpg

f0081398_21355162.jpg

三筋の打たせ湯 左の湯筋は激熱。
f0081398_21341318.jpg

いつもは静かな 山奥の温泉地だが
秋ともなると ロープウェイの駐車場は県外ナンバーで満車になるほど。
f0081398_7245128.jpg

f0081398_21353013.jpg


おまけ・・・  峠の力餅
f0081398_21472685.jpg

日本猿が路辺でノンビリしている。
細い道、ブラインドコーナーの連続。
対向車には充分に気をつけたい。。。
by tabi-syashin | 2008-10-20 11:28 | Yaagata | Trackback | Comments(0)

銀木犀のかほり

隣家の銀木犀が3年ぶりに咲いた。
金木犀が華やかな香りを放つ いつもの秋だが 
久しぶりに白い米粒のような花が咲いた。  

自分の存在を あらん限りにアピールする金木犀
こちらから香りをききに行かないと、それと気づかぬ地味な存在
それが・・・銀木犀。

自分を目立たせよう などと努々思うなよ・・・おい。 
お前の香りを尋ねに 友は何人訪ねてくださるんだい?。。。
銀木犀の香りに・・・ そう 言われたようだ。


かねて、世話になった知人が亡くなった
通夜に うかがった。
弔問とはいえ なんか不思議。 
私より2歳も若い彼 なのでね。。。

レースでは 闘志剥き出しの彼、、、
普段も 意志を通す 強い彼。
でも 男らしい優しさもある彼、、、

通夜の会場には ブルースが ずうっと 流れてた。
ブルース・・・ それは・・・
彼が仕事場で いつも流していた エリック クラプトン。
こんな仏事を執り行える遺族も 素敵だ。

おい そこのあんた・・・、「芯」を持ってるかい? 
弔問客は遺影の男に そう問われた。

 「信念」 ・・・、、、 
男の一生を量る “秤” 。。。

数えで、来年 還暦を迎える・・・ 
ちっとは胸を張って それを迎えることができるだろうか?










by tabi-syashin | 2008-10-19 14:21 | a la carte | Trackback | Comments(0)

まだ明けぬ仙台を3時に出て・・・、一路ミッレミリアのモータープールを目指しました。なんといっても ミッレミリア車のエンジンはどうなってんの? どんなブリッピング音? どんな匂い???・・・など これらを目の前で味あわないと・・・折角のミッレミリア観戦の感慨も半減してしまいます。80年前の車を走らせるわけですから 興味津々です。
f0081398_16542733.jpg


5時過ぎ まだ暗いんです。レークラインから見下ろす裏磐梯は深い霧の中でした。。。

5時半過ぎ、駐車場には 超1000万円クラスのヒストリック達がゴロゴロと無造作に横たわっています。1000万×120台・・・なんとサプライズ☆12億円?もが単に横たわっています(爆) しかしそこには ガードマンもいなければ、“鎖の立入り規制”もありません。極々 間近に名車たちを眺めることができるのです。一言話しかければメカニックやオーナーも気軽に応じてくれます。ヒエラルキーの違い?を見せ付けるような雰囲気はまったくありません。注意書きの看板を探してもどこにも見物人を排除するようなモノは見つかりません。 ミーティング主催者として そんな雰囲気を学ばないといけないかもですね。オーナーと見物人との心のボーダーがないように・・・ね。

駐車場にはすでに10台ほど準備してまして、既に3台は始動してました。。。 メカニックが ボディカバーを外したり 車を磨いたり ブリッピングを何度も繰り返したり、ガソリンをエンジンに供給するためにタンクに圧をかけるポンピングをしていたり、、、、結露で白くなったボディやら 日が射してこないので 体も芯から冷える中・・・アルミと真鍮でできたエンジン、、、鈍く光って 唸りだします。。。ほとんどが 始動セル付き、クランキングは一台も見受けられませんでした。

f0081398_22562016.jpg

6時を過ぎると ホテル駐車場全体は凄い 緊張感で包まれてました。。。
でも 白く建つホテルはまだまだ静かなものでしたが・・・。。。

BENTLEY DERBY 3 1/2 LITTER
f0081398_16545451.jpg

OSCA MT4 1100
f0081398_22132374.jpg

MG Lタイプ
f0081398_2216581.jpg

BUGATTI T35C
f0081398_1756843.jpg


6時前は寒かった。。。6時過ぎでも まだこんな感じのトノカバー&ラッピングが6割。。。 
サポートカーを含むメカニックを雇って、 宿泊同行費用も払って、、、
彼らに準備をさせているオーナーも中にはいらっしゃるわけです。
つまるところ オーナーたちは未だホテルの自室でようやく目覚めるころ てなわけですね? 
年配者が多いから そうでもないかな?4時には起きてるかな???(^-^;;

60年代の比較的新しい車は、一発始動なので・・・オーナーはノンビリと準備してました。

スターリング・モス氏がドライブするベンツ300SLの隣、赤い車は FIAT 500 ZAGATO PANORAMICA.。3枚のガラスを合わせた大きくて広いフロントガラスが特徴です。
f0081398_17101886.jpg

f0081398_16561119.jpg

f0081398_16581525.jpg
ALFA ROMEO 6C 1500 SUPER SPORT ルチアーノさんがドライブします。
f0081398_16574850.jpg

BENTLEY 3-4 1/2
f0081398_17365218.jpg

BUGATTI T35C
f0081398_17471497.jpg


スタート30分前になって ようやく会場が慌しくなってきました。大きな電光掲示板が時刻を告知しています。ナビゲーターたちは この電子時計に 自分の時計を合わせていきます。。。 

ゼッケン番号の若い車のオーナーたち=先発組が始動を終えて 乗り込み、、、15分前にはホテル前に整列を始めます。。。喜多方行きのバスも並んでますな(笑)ひかるちゃんはちょいと疲れた様子。。。東儀さんは まだTVクルーのインタビュー最中。まちゃあき ジローラモさんらは まだホテルから出てきません(笑)

f0081398_2144389.jpg
f0081398_1764658.jpg

BUGATTI T37A 女性ドライバー:フレデリカ・カークパトリックさん
f0081398_17235081.jpg

ここ数年 トップバッターはT35Cの秋本さん
f0081398_17254029.jpg

MG MOTTO SPECIALE 西田ひかるさん お疲れ気味? 昨年の総合5位エントラント。
f0081398_17261261.jpg

AC ACE を駆る東儀 秀樹さん 周囲は女性ファンが囲んでました。
f0081398_17415218.jpg

RILEY 12/4SP 総アルミでしょうか? ピッカピカです
f0081398_19204246.jpg

FIAT LOMBARDO 1100S
f0081398_22323353.jpg

OSCA
f0081398_2313689.jpg


個人的に気になる車は・・・やはりどうしても 親近感のある50~60年代の車。
FIAT、ABARTH、ランチャ、アルファロメオになっちゃいますね。

FIAT ABARTH 850TC
f0081398_21461985.jpg

FIAT 500 SPORT 
ドライバーはFIAT Group Automobiles Japanのアンドレア・カラットリ氏
f0081398_2052918.jpg

LANCIA AURELIA B20 これも美しいデザインですね。 好みです。 
f0081398_20524892.jpg

FIAT 1100 TV 
f0081398_20534296.jpg

FERRARI 166 チシタリアといいこのフェラーリといい 優雅でふくよかなボディラインです。
f0081398_20531596.jpg

ALFAROMEO 1900 SS ZAGATO (ザガートといえば アルミですよね・・・凄い。)
f0081398_2056560.jpg

FIAT ABARTH 750 RECORD MONZA 昨年も、綺麗なご婦人を激写させていただきました
f0081398_20584268.jpg

ABARTH 207A BOANO SPIDER  カロッツェリア:ボアノのデザイン 
f0081398_2123499.jpg


いよいよ スタートです。。。

ゼッケン2番のブガッティに乗った竹元ご夫妻 笑顔がいいですね。 昨年準優勝の実力派エントラント。そのせいか 観衆の中、緊張のスタートを まさに愉しんでおられるのが表情で良く分かります。。。それにしても 一日400km それを4日間ぶっ続けて走るんですから・・・過酷だと思います。「お金持ちのお遊び」などと 皮肉っぽい目で眺めていると思わぬ新発見にぶち当たったりします。 レース! と捉える方にとっては真剣な4日間です。我々もそう理解しましょう!

f0081398_749660.jpg

f0081398_22252195.jpg

f0081398_18405718.jpg

BUGATTI T37A  コ・ドライバー、いつもは木内みどりさんでしたが 今回は欠場です。
f0081398_18463163.jpg

TRIUMPH 開口部からみて・・・TR2かな? 3じゃないよね?
f0081398_18465778.jpg

FIAT 508C ALA D'ORO
f0081398_1838378.jpg
STANGUELLINI 508S ALA D'ORO 流し撮りしてみました。
f0081398_2154534.jpg

FIAT STANGUELLINI 1100 SPORT BARCHETTA 長い名前です フィアット スタンゲリーニ 1100 スポルト バルケッタです。
f0081398_11113387.jpg

RILEY RM ベルトーネ・スペシャル きれいですねえ
f0081398_18425852.jpg

FIAT 500S BALILLA バリラです バリッラという人も多いかな?
f0081398_1845363.jpg

DB BARQUETTE ANTHEM ルマンでの活躍に名を残すDBです。
f0081398_221386.jpg


先回りして 湖南町の手前、人っ子一人いない直線道路脇に陣取りました。 黄色くなった稲田があって 磐梯山が見えて 猪苗代湖が目の前・・・ けっこう ロケーションは良かったかな。。。 熱海町のkouさんが合流(笑) 遠くから参加車両の一団と思える爆音が聞こえます。轟音ともいえるドドドドドーーーという地響きのような排気音がそこまで迫ってます。でも まだ姿はみえません・・・。 

田圃の畦に佇む 我々の FIAT 600 を見つけて、、、 「オ~ セイチェ~ント!」と大きな声を発しながら 手を振り上げ走り去っていく 赤い ラテンなスパイダー・・・ ジローラモさんかな? 発音は間違いなく本場モノでした・・・(笑)
 
奈良ナンバーのABARTH 850TCは 同型車の我々を見つけ、ブリッピングを数回繰り返し・・・わざわざシフトダウンしてくれ・・・、、、目の前をバリバリバリバリッと名機アバルトの加速音を轟かせ通過してくれました。 チョー感激です!ありがと~ございます~ぅ。。。

名古屋ナンバー チンクェチェント博物館所蔵のFIAT 500 SPORTのドライバー (FIAT Group Automobiles Japanのアンドレア・カラットリ氏) も、かなり遠くから我々を発見したようで クラクションを ビビビビビーっと鳴らしながら スピードダウンし近づいてきます。奇態好みな我々(笑)への連帯メッセージ。 いいですなぁ・・・ イタリアンスモール。。。小さいのに けして他に引けを取らない 存在感。

たった1台の見物人に 各パッセンジャーから多くのハッピーサインをいただき、 なんか申し訳ない気分でした(笑) 満足した一日・・・の帰り道に 先ほどまでの光景を思い浮かべ、 なんか・・・そんな画を待っていた風な自分に気が付きました。早起きして良かったな・・・と 実感。 ロックセンターさん nabceさん 背中を押してくれてありがとネ♪

ALFAROMEO 6C 1500
ドライバーは本場イタリアでのミッレ・ミリアでも優勝したルチアーノ・ヴィアロ氏。。。
f0081398_2028546.jpg

f0081398_18475257.jpg

TRIUMPH TR2かな? アストンマーチンから乗り換えになったみたいですね?
f0081398_184898.jpg
MORGAN 44シリーズ1
f0081398_18482991.jpg
FIAT 500 ZAGATO PANORAMICA
f0081398_18485041.jpg

f0081398_18494284.jpg

MASERATI 200 SI まちゃあきがドライブ。。。
f0081398_11124849.jpg


まあそんなわけで 質も量もグンとUPしたラ・フェスタでした。でも、ブガッティが多かったなあ。。。なんでやろ?  もっとイタリアンな虫系が居ても良さそうなもんだけどなぁ。 販売店の方々はオープンのヒストリック、名の通った車・・・をお奨めしがちだけど、 「オーソリティよりも、バラエティさをお勧めください、日本版のラフェスタなんですから・・・」とリクエストしちゃおうかなm(__)m でも間近に見れるというのは 本当にありがたいですね!!

見物場所は・・・やはりホテル前にかぎると思いました。始動点検 スタートまでの緊張した雰囲気がラ・フェスタ見物にはもってこいだと思いました。。。オーナーの方々も楽しそうでしたしね。

今日のドライブはロクスケくん。高速道路でやっとこさ 100km/hが出ました(笑)
f0081398_16364154.jpg


疲れたので・・・いつものように温泉(^-^;; 今日は飯坂温泉の鯖湖湯(さばこゆ)。
もともと熱い湯なんだけど・・・ 今日は 簡単に体を沈めることができました。
f0081398_18542477.jpg
すんません  ↑ 露出を間違えた。。。

お腹がすいたので・・・いつものようにラーメン。 今日は伊達屋の塩チャーシュー麺。
いつ食べても美味しいです 麺の硬さ スープ 気遣いやら 仕事振りやら・・・最高です
f0081398_18563826.jpg

by tabi-syashin | 2008-10-18 14:54 | Utukusima | Trackback | Comments(0)

Johzenji Street Photosnap

f0081398_23572439.jpg
先日、 杜の都 女子駅伝 に突然、撮影意欲が湧きだしたので・・・(^-^;;
撮りまくりました。でもふつうなら ランナー主体に撮るんでしょうけど・・・
そこんところは ひねくれ者・・・私ならではのアングル。

今回は名城大学応援團の向い側に撮影場所を決め込みました。
応援団という重みのある伝統との挟間にときおり覘かせる若人の「顔」が
かなり印象的だったので 被写体とさせて戴きました。

f0081398_1157826.jpg

演舞も見事に決まっていますなぁ・・さすがですぅ。
f0081398_11573866.jpg

名城大学って上位、優勝候補だよなあ・・・なんて思いながら、、、
57代団長 森内光太郎さん(現58代団長)をパチリ
(ちなみに 名城大応援團のホームページを拝見させていただきました)
f0081398_14301265.jpg
f0081398_11581724.jpg

f0081398_12464890.jpg

f0081398_11584343.jpg

f0081398_23545042.jpg

f0081398_0104231.jpg


名城大学女子駅伝部が目の前を通過・・・すると 太鼓連打と声援の嵐
f0081398_1159322.jpg

3年前の優勝校、名城大学女子駅伝部 佐藤絵里キャプテン(4年)!
昨年は花の3区でしたが 今年は重責のアンカー6区。
2位浮上を狙う10秒差! 残るはあと500mだが・・・ はたして?

自校応援団の前で 「シャー!」とばかりに
気合を入れなおし キャプテンは駆けていきます カッコよかった。
セルフコントロールの巧さ まさにアスリートへの王道
f0081398_11592484.jpg

結果は6区の区間賞!!
おめでとう! 4年間ごくろうさま! キャプテンお疲れさま!と言いたい。
(名城大は昨年タイムを11秒更新するも 昨年タイの総合3位でした)




f0081398_12454257.jpg
定禅寺通り、 メディアテークまえのケヤキ
ハラハラと 梢を離れて 地に落ちる葉
まるで・・・ 水族館。 
「底」のほうから眺めると・・・まさに 小魚たちが泳ぐよう。。。
by tabi-syashin | 2008-10-16 15:07 | Miyagin | Trackback | Comments(0)

まだ明けぬ仙台を3時に出て・・・、一路ミッレミリアのモータープールを目指しました。なんといっても ミッレミリア車のエンジンはどうなってんの? どんなブリッピング音? どんな匂い???・・・など これらを目の前で味あわないと・・・折角のミッレミリア観戦の感慨も半減してしまいます。80年前の車を走らせるわけですから 興味津々です。
f0081398_16542733.jpg


5時過ぎ まだ暗いんです。レークラインから見下ろす裏磐梯は深い霧の中でした。。。

5時半過ぎ、駐車場には 超1000万円クラスのヒストリック達がゴロゴロと無造作に横たわっています。1000万×120台・・・なんとサプライズ☆12億円?もが単に横たわっています(爆) しかしそこには ガードマンもいなければ、“鎖の立入り規制”もありません。極々 間近に名車たちを眺めることができるのです。一言話しかければメカニックやオーナーも気軽に応じてくれます。ヒエラルキーの違い?を見せ付けるような雰囲気はまったくありません。注意書きの看板を探してもどこにも見物人を排除するようなモノは見つかりません。 ミーティング主催者として そんな雰囲気を学ばないといけないかもですね。オーナーと見物人との心のボーダーがないように・・・ね。

駐車場にはすでに10台ほど準備してまして、既に3台は始動してました。。。 メカニックが ボディカバーを外したり 車を磨いたり ブリッピングを何度も繰り返したり、ガソリンをエンジンに供給するためにタンクに圧をかけるポンピングをしていたり、、、、結露で白くなったボディやら 日が射してこないので 体も芯から冷える中・・・アルミと真鍮でできたエンジン、、、鈍く光って 唸りだします。。。ほとんどが 始動セル付き、クランキングは一台も見受けられませんでした。

f0081398_22562016.jpg

6時を過ぎると ホテル駐車場全体は凄い 緊張感で包まれてました。。。
でも 白く建つホテルはまだまだ静かなものでしたが・・・。。。

BENTLEY DERBY 3 1/2 LITTER
f0081398_16545451.jpg

OSCA MT4 1100
f0081398_22132374.jpg

MG Lタイプ
f0081398_2216581.jpg

BUGATTI T35C
f0081398_1756843.jpg


6時前は寒かった。。。6時過ぎでも まだこんな感じのトノカバー&ラッピングが6割。。。 
サポートカーを含むメカニックを雇って、 宿泊同行費用も払って、、、
彼らに準備をさせているオーナーも中にはいらっしゃるわけです。
つまるところ オーナーたちは未だホテルの自室でようやく目覚めるころ てなわけですね? 
年配者が多いから そうでもないかな?4時には起きてるかな???(^-^;;

60年代の比較的新しい車は、一発始動なので・・・オーナーはノンビリと準備してました。

スターリング・モス氏がドライブするベンツ300SLの隣、赤い車は FIAT 500 ZAGATO PANORAMICA.。3枚のガラスを合わせた大きくて広いフロントガラスが特徴です。
f0081398_17101886.jpg

f0081398_16561119.jpg

f0081398_16581525.jpg
ALFA ROMEO 6C 1500 SUPER SPORT ルチアーノさんがドライブします。
f0081398_16574850.jpg

BENTLEY 3-4 1/2
f0081398_17365218.jpg

BUGATTI T35C
f0081398_17471497.jpg


スタート30分前になって ようやく会場が慌しくなってきました。大きな電光掲示板が時刻を告知しています。ナビゲーターたちは この電子時計に 自分の時計を合わせていきます。。。 

ゼッケン番号の若い車のオーナーたち=先発組が始動を終えて 乗り込み、、、15分前にはホテル前に整列を始めます。。。喜多方行きのバスも並んでますな(笑)ひかるちゃんはちょいと疲れた様子。。。東儀さんは まだTVクルーのインタビュー最中。まちゃあき ジローラモさんらは まだホテルから出てきません(笑)

f0081398_2144389.jpg
f0081398_1764658.jpg

BUGATTI T37A 女性ドライバー:フレデリカ・カークパトリックさん
f0081398_17235081.jpg

ここ数年 トップバッターはT35Cの秋本さん
f0081398_17254029.jpg

MG MOTTO SPECIALE 西田ひかるさん お疲れ気味? 昨年の総合5位エントラント。
f0081398_17261261.jpg

AC ACE を駆る東儀 秀樹さん 周囲は女性ファンが囲んでました。
f0081398_17415218.jpg

RILEY 12/4SP 総アルミでしょうか? ピッカピカです
f0081398_19204246.jpg

FIAT LOMBARDO 1100S
f0081398_22323353.jpg

OSCA
f0081398_2313689.jpg


個人的に気になる車は・・・やはりどうしても 親近感のある50~60年代の車。
FIAT、ABARTH、ランチャ、アルファロメオになっちゃいますね。

FIAT ABARTH 850TC
f0081398_21461985.jpg

FIAT 500 SPORT 
ドライバーはFIAT Group Automobiles Japanのアンドレア・カラットリ氏
f0081398_2052918.jpg

LANCIA AURELIA B20 これも美しいデザインですね。 好みです。 
f0081398_20524892.jpg

FIAT 1100 TV 
f0081398_20534296.jpg

FERRARI 166 チシタリアといいこのフェラーリといい 優雅でふくよかなボディラインです。
f0081398_20531596.jpg

ALFAROMEO 1900 SS ZAGATO (ザガートといえば アルミですよね・・・凄い。)
f0081398_2056560.jpg

FIAT ABARTH 750 RECORD MONZA 昨年も、綺麗なご婦人を激写させていただきました
f0081398_20584268.jpg

ABARTH 207A BOANO SPIDER  カロッツェリア:ボアノのデザイン 
f0081398_2123499.jpg


いよいよ スタートです。。。

ゼッケン2番のブガッティに乗った竹元ご夫妻 笑顔がいいですね。 昨年準優勝の実力派エントラント。そのせいか 観衆の中、緊張のスタートを まさに愉しんでおられるのが表情で良く分かります。。。それにしても 一日400km それを4日間ぶっ続けて走るんですから・・・過酷だと思います。「お金持ちのお遊び」などと 皮肉っぽい目で眺めていると思わぬ新発見にぶち当たったりします。 レース! と捉える方にとっては真剣な4日間です。我々もそう理解しましょう!

f0081398_749660.jpg

f0081398_22252195.jpg

f0081398_18405718.jpg

BUGATTI T37A  コ・ドライバー、いつもは木内みどりさんでしたが 今回は欠場です。
f0081398_18463163.jpg

TRIUMPH 開口部からみて・・・TR2かな? 3じゃないよね?
f0081398_18465778.jpg

FIAT 508C ALA D'ORO
f0081398_1838378.jpg
STANGUELLINI 508S ALA D'ORO 流し撮りしてみました。
f0081398_2154534.jpg

FIAT STANGUELLINI 1100 SPORT BARCHETTA 長い名前です フィアット スタンゲリーニ 1100 スポルト バルケッタです。
f0081398_11113387.jpg

RILEY RM ベルトーネ・スペシャル きれいですねえ
f0081398_18425852.jpg

FIAT 500S BALILLA バリラです バリッラという人も多いかな?
f0081398_1845363.jpg

DB BARQUETTE ANTHEM ルマンでの活躍に名を残すDBです。
f0081398_221386.jpg


先回りして 湖南町の手前、人っ子一人いない直線道路脇に陣取りました。 黄色くなった稲田があって 磐梯山が見えて 猪苗代湖が目の前・・・ けっこう ロケーションは良かったかな。。。 熱海町のkouさんが合流(笑) 遠くから参加車両の一団と思える爆音が聞こえます。轟音ともいえるドドドドドーーーという地響きのような排気音がそこまで迫ってます。でも まだ姿はみえません・・・。 

田圃の畦に佇む 我々の FIAT 600 を見つけて、、、 「オ~ セイチェ~ント!」と大きな声を発しながら 手を振り上げ走り去っていく 赤い ラテンなスパイダー・・・ ジローラモさんかな? 発音は間違いなく本場モノでした・・・(笑)
 
奈良ナンバーのABARTH 850TCは 同型車の我々を見つけ、ブリッピングを数回繰り返し・・・わざわざシフトダウンしてくれ・・・、、、目の前をバリバリバリバリッと名機アバルトの加速音を轟かせ通過してくれました。 チョー感激です!ありがと~ございます~ぅ。。。

名古屋ナンバー チンクェチェント博物館所蔵のFIAT 500 SPORTのドライバー (FIAT Group Automobiles Japanのアンドレア・カラットリ氏) も、かなり遠くから我々を発見したようで クラクションを ビビビビビーっと鳴らしながら スピードダウンし近づいてきます。奇態好みな我々(笑)への連帯メッセージ。 いいですなぁ・・・ イタリアンスモール。。。小さいのに けして他に引けを取らない 存在感。

たった1台の見物人に 各パッセンジャーから多くのハッピーサインをいただき、 なんか申し訳ない気分でした(笑) 満足した一日・・・の帰り道に 先ほどまでの光景を思い浮かべ、 なんか・・・そんな画を待っていた風な自分に気が付きました。早起きして良かったな・・・と 実感。 ロックセンターさん nabceさん 背中を押してくれてありがとネ♪

ALFAROMEO 6C 1500
ドライバーは本場イタリアでのミッレ・ミリアでも優勝したルチアーノ・ヴィアロ氏。。。
f0081398_2028546.jpg

f0081398_18475257.jpg

TRIUMPH TR2かな? アストンマーチンから乗り換えになったみたいですね?
f0081398_184898.jpg
MORGAN 44シリーズ1
f0081398_18482991.jpg
FIAT 500 ZAGATO PANORAMICA
f0081398_18485041.jpg

f0081398_18494284.jpg

MASERATI 200 SI まちゃあきがドライブ。。。
f0081398_11124849.jpg


まあそんなわけで 質も量もグンとUPしたラ・フェスタでした。でも、ブガッティが多かったなあ。。。なんでやろ?  もっとイタリアンな虫系が居ても良さそうなもんだけどなぁ。 販売店の方々はオープンのヒストリック、名の通った車・・・をお奨めしがちだけど、 「オーソリティよりも、バラエティさをお勧めください、日本版のラフェスタなんですから・・・」とリクエストしちゃおうかなm(__)m でも間近に見れるというのは 本当にありがたいですね!!

見物場所は・・・やはりホテル前にかぎると思いました。始動点検 スタートまでの緊張した雰囲気がラ・フェスタ見物にはもってこいだと思いました。。。オーナーの方々も楽しそうでしたしね。

今日のドライブはロクスケくん。高速道路でやっとこさ 100km/hが出ました(笑)
f0081398_16364154.jpg


疲れたので・・・いつものように温泉(^-^;; 今日は飯坂温泉の鯖湖湯(さばこゆ)。
もともと熱い湯なんだけど・・・ 今日は 簡単に体を沈めることができました。
f0081398_18542477.jpg
すんません  ↑ 露出を間違えた。。。

お腹がすいたので・・・いつものようにラーメン。 今日は伊達屋の塩チャーシュー麺。
いつ食べても美味しいです 麺の硬さ スープ 気遣いやら 仕事振りやら・・・最高です
f0081398_18563826.jpg

by tabi-syashin | 2008-10-13 11:55 | Car | Trackback | Comments(0)

Restrant north pole

●公道を飛ばすのは・・・もう、止めよう!!
d0237340_20484396.jpg

d0237340_20482243.jpg

d0237340_20453942.jpg

d0237340_20463978.jpg

d0237340_2047018.jpg

d0237340_2047239.jpg

d0237340_20474440.jpg

d0237340_20502468.jpg
d0237340_20475812.jpg

by tabi-syashin | 2008-10-06 15:04 | Miyagin | Trackback | Comments(0)

d0237340_21392772.jpg
予約を入れて、駐車場に車を置いて・・・
庭を眺めながらのコースランチはいかがでしょうか?
友人のレストランですが美味しいですよ♪
d0237340_21395440.jpg

d0237340_2140896.jpg

by tabi-syashin | 2008-10-06 14:51 | Miyagin | Trackback | Comments(0)

●公道を飛ばすのは・・・もう、止めよう!!!

秋保街道 ぶらり。。。

まず 日差しが入り込まず 昼前は撮影するのにけっこう困難な眼鏡橋。。。
小滝沢橋といって昭和14年に 凝灰岩を用いて造られた橋。
二口渓谷の盤司岩は脆い凝灰岩でできた岩壁、それと同じ岩質。。。
d0237340_1221583.jpg


秋保大滝。。。 まだ葉が繁っており 滝の全容は河原まで降りないと見えない。
しかし そこへの遊歩道も 今は崩壊の危険があるため立入り禁止。
d0237340_1224651.jpg


ビジターセンターの南側にピラミダルな山容   三方倉岳。。。
d0237340_1231668.jpg


特異な山容・・・ 糸岳。。。
d0237340_123406.jpg

鴻ノ巣温泉
d0237340_124646.jpg

旅館の庭先下を流れる 名取川
d0237340_1245016.jpg

イヌサフランが咲く庭先
d0237340_1295243.jpg

なかなかどうして  気分を開放してくれる温泉
ただ 混浴だから意を決して入らないと・・・いかんですじゃ(^-^;;
d0237340_1262731.jpg

d0237340_1265747.jpg

刈入れ。。。大きな台形の山は大東岳、その左、奇異な山容が糸岳。。。
d0237340_1272330.jpg

by tabi-syashin | 2008-10-04 15:00 | Mount Futakuchi | Trackback | Comments(0)