人気ブログランキング |

月山「玄海古道」を行く 1

d0237340_08593006.jpg
石跳川から仰ぐ 湯殿山


この連休で 山は大賑わいだったそうな。大朝日の小屋には150人、竜門の小屋には50人が押し掛けた。こうなると畳一枚に2人が寝る勘定になる。大井沢の温泉も大混雑で、浴室のカランは常に空きのない状況。湯船は10人以上も湯あみするほどの状況・・・ 体を洗うも 入浴するも 順番待ち!!!だったそうな。。。

おそらくそうなるだろうと思ったので、朝日連峰を避け「月山」に変更しておいた。月山の中でも特に出会う人の少ないコース。以前から気になっていたが、もう3年越しになるのか?石跳川沿いの「玄海古道」を計画した。大型連休にこのルートは正解だった。帰り道は・・・月山リフトを降りて駐車場に向かい、最初の建物(アネックス)の手前右手に「115林班」の白い杭がある。そこが下山道の目印。ネイチャーセンターまで45分ほどブナ林の歩きやすい周回路だ。


d0237340_21025828.jpg
湯殿山 南東面
d0237340_19482175.jpg

d0237340_08553469.jpg

d0237340_08550622.jpg
装束場小屋 11:20

ネイチャーセンターを8時半に出て約3時間、装束場についた。 
ここで、「そぼろ弁当、味噌汁、ぶどう」を戴く 旨いっ! 

ここは湯殿山神社からの登山ルートが交わるところで 
写真の正面や、右手から登山者が現れては休憩し 発っていく。
この石垣の左にトイレ棟がある 水洗だった。
冬にはこの小屋はスッポリ雪に隠れる、雪の溜まるところだ。

d0237340_11550775.jpg

d0237340_11552369.jpg

d0237340_16185517.jpg

トラックバックURL : https://tabilogue.exblog.jp/tb/22201178
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by tabi-syashin | 2015-09-21 21:28 | Mount Gassan | Trackback | Comments(0)