人気ブログランキング |

内憂外患

安倍政権になってからというもの たった数年で、政治のバランスが極悪になった。
さらに社会全体が「ムード」で操られ 物言うことのできない空間(同調圧力)が作りだされている。


原発は「再稼働」宣言などと 福島の片付けも出来ないうちから堂々と言うし、
日陰になって目立たぬ「福祉は切り捨て」、 やっと年金受給資格の年齢になったと思たら
医療や福祉や介護も受給者の「自己負担率を上げる」 福祉の公明党?さえも懐柔だ。

教育は財政不足とかで「35人学級」をかなぐり捨て 「40人学級」に戻すなどというし 
「国旗掲揚」を堂々と朝礼に掲げ 「君が世」を謳わぬ教師は排斥する(大阪の市長は最悪らしい)
ますます貧富の差が強まり、富めるものは益々富み、貧困は橋の下で死を招くようになる。
大事なことは高所得者の累進課税を高めること!税の再配分を高齢者や若者に厚くすること。

ISILのテロ事件で 湯川・後藤両氏の死をダシにつかって 日本の「軍事化ムード」を盛り上げ
アメリカの肩代わり戦争準備を進めると宣言し、自衛隊の「永久的海外派兵」も公言しだした、
70年間も護って来た「平和憲法」を 軍備・派兵のために変えると ついに本日宣言した!


戦後70年を経た日本で何が起きようとしてるのか?
山などうかうか登っていられない?ぞなもし。


いつのまにか かつての歴代政権が躊躇したことを 堂々と進めてるではないか。
憲法改正に国会の2/3を占めようと「公明や維新と裏取引」までする。まるで大政翼賛会だ。

このまま軍事化が進めば「道徳が復活」、孫子は「徴兵」され安心して「子供も産めない」。

国連軍の名のもとアメリカの肩代わりで軍備を推し進め、「対中国の構え」をとるようになる。

小選挙区が生んだ悲劇をリカバーするには ネトウヨの同調圧力に屈せず 
「改憲か護憲かという単純な論議に乗らぬこと」が肝心だ。為らぬものは為らぬ!が大事。 

憲法改定に反対する。「戦争の法整備」「自衛隊の海外派兵」「徴兵制」に 私は断固反対する。

---------------------------------------------
d0237340_7303778.jpg
日本が枯れる・・・
by tabi-syashin | 2015-02-17 07:31 | colum | Comments(0)