人気ブログランキング |

私の書棚 ・ 「銀嶺に向かって歌え クライマー 小川登喜男伝」 深野稔生 著

d0237340_16231064.gif

""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""
063.gif レビュー

ひとたび、激しい行為を通して強い生命の喜びを知りえた者にとって、心はただ自然を愛する自由な旅人ではなくなっている。彼の眼にはやはり山の美しさが映っている。しかしそれは静かに眺められた美しさではない。彼の心には、彼みずからの意欲によって開かれた山の激しい美しさが目覚めている。黝(かぐろ)い岩、鋭い雪稜、きらめく蒼氷、身をきる風の唸り、そして雪崩の咆哮。これらの美が彼の心を引きつけ、彼の魂に息苦しいまでの夢をつくり出す。その時山は、彼自らの生命をもって贏ち取ろうとするプロメテウスの火となるのだ。 
「森の中」 小川登喜男 1934年 山岳雑誌「山」梓書房 


このエッセイは小川が大きな影響を受けた英国の登山家アルバート・F・ママリーの登山論が起源となる。ママリーの原文は慶応の大島亮吉によって和訳され、それに啓発を受けた小川が書きしるした登山論の一遍である。

「人はなぜ山に登るのか」 この永遠の課題をもって登山家小川の思いが始まる。「真に新しいルートへ向かう。誰もまだ到達したことのない地を愛し、大地がカオスの世界から生まれて以来無垢の地、氷の襞におのれだけの径を刻もうとするものである」ママリーからの啓発である。それは穂高で落命した大島の心を酔わせ、彼が和訳したママリー登山論が若い小川たちを谷川初登攀へと駆り立てたのだった。

小川登喜男・彼が仙台近郊の山に足しげく通った東北帝大生時代(1928-1931)、その4年間に東北の山々を登り白銀の峰々を滑走したことが、彼の人間性の礎の一つになっているのは間違いない。その天賦の才に恵まれた彼は小さめな体躯(165cm)ながらも持ち前の柔軟さで谷川 穂高 冬の剣などでその才能を咲かせるのだが、それ以前に泉ヶ岳や大東岳 船形山 黒伏 丸森 霊山 蔵王 八幡平 吾妻 飯豊 八甲田といった東北の豊かな大地・ブナの森・たおやかな峰にて培われたであろう山への想いは天才クライマーとしての技術ばかりか人間としての心の豊かさをもバランスよく埋め込んだ。それが著書に出てくる言葉「Gemut」(心情・情緒)なのだろう。それらがヒュッテンブッフ(蔵王小屋に備えられた自由ノート)や部室に備えられた「ルーム日誌」に多く認められた。落書ノートの「ノリ」そのものである。それに見る男たちの友情は濃くそして思いは熱く、読む者に昔日の良心を見せつける。熱いものが伝わってくる anthology だ。

哲学的とも宗教的とも思想家的とでもいうか帝大生の山に打ち込むストイックな姿に私などは敬服の念を抱くのみだ。それにしても読後に悲壮感めいたものを感じなかったのはなぜだろうか。恐らくこの本の背景に流れる「帝大生」という磊落な気質がその因子なのだろう。それはそれとして、書き手の出自が岩ヤか沢ヤかでこうも違ってくるものだろうか?沢ヤであり山岳スキーヤーでもある深野氏が書けば山への情念と描かれた心情が中心となり 仮に岩ヤの遠藤甲太氏が書けば、滲みだすあの生死の境から生まれる悲壮感で世界をも陰鬱に包んだことだろう。

確かに、クリンカー、トリコニー、ベルニナ、ムガーなどドイツ製の鉄鋲を打ったナーゲルシューズでしかも麻縄のブーリン結びで、プロテクションもおおかた無しで断崖の岩場に挑むわけだから宗教的な文体になるのも必定、理解もするのだが、いずれそのような貧祖な道具の時代での登攀なのである。今を見て知って当時を思えばなんと無茶で恐ろしい意気込み至上の登攀だったであろうか。小川が田名部、枡田とで登攀した谷川岳 幽の沢右俣・右俣リンネ初登攀の回想が読み手をかなりビビらせる。この装備で逆層の岩場をバランスのみでしかもノーピンでクリアしていく彼らに「日本の近代登攀技術を一段上がらせた」・・・と。岩から身体を離しオーバーハングをクリアしていくという近代メソッドがそこにあった・・・と。足しも引きもしない岩壁登攀の実力者である遠藤甲太氏が全てリードにて同ルート実録検証をしその上で語っておられた。余談だが、深野さんと遠藤甲太氏は旧来より親交ある仲だ。それは当時の僕がよく知っている。なので深野さんのルート推考と遠藤甲太氏の実登攀による検証とでこの評伝を書きあげるに互いに補完しあったのだろうと推測する。

""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""
063.gif 読後感 

深野稔生さんの本を読んだのは共著である「ブナの山々」が最初。それが出会いで、それが元で郡山からの転勤後にYMCA山岳会に入った。次の本は「山遊び山語り」、「宮城の山ガイド」だったろうか? 土樋にある深野宅の書斎で戴いた「昨日からの手紙」「神室岳」が最後だったろうか? 彼の文学的?形容文体を少しトレースしてみたくなって・・・、amazonでポチったら かの本は翌々日には届けられてしまった。まだこちらが本を読む覚悟をせぬうちだったのでその分厚い装丁におののき、パッと本棚の何処かに隠してしまいそうだった。ついついページをめくると、意に反して、どんどん惹きこまれてゆくではないか! おそらく自分にも そういう素地、山のDNAが潜んでいるんだろうと思ってもみた。ただ、18歳から山にのめり込んでいた割に自分にはストイック性がまるで無い。あるといえば、「山は総体だ」という哲学のみだ。そんな自分なのだが、この本を読んでいると山への向かい方に教示され、反省もし、山岳愛好家として理想への道標にこれを据えようと思うに至る。

山行には焚火と酒があればよいなどと平気でのたまう自分はとても恥ずかしい。とはいえ文中にある「バドミントンスタイル」という言葉にこそスポーツを楽しむという英国近代登山発祥の姿(British hill weather 1892年より)があり、慶応の大島亮吉が流行らせたらしい言葉がある。そんな下りがあるのでパイプをくゆらす、スコッチを嗜むというのは登山に於ける紳士道として許される覚えなのだろう。さらに雨が降ろうものなら止むまでマントを被って山野に宿り、霧が出れば晴れるまでパイプを咥えて幻想の世界に身を沈め移ろいをやり過ごす、という気候をも含めて自然を楽しむ彼らに欧州における古来伝統のスポーツの香りが利ける。元来、スポーツという言葉には”楽しむ”といういを含んでいる。それが英国バドミントン村での貴族紳士の生活スタイルなのだとファッションも交えて大島らは慶応の部内報にて披露し実にやがて社会人全般にも流行するようになったとある。今も昔も学生こそ時流の先端にいたわけで、この下りにあるファッションにさえも日本近代登山の黎明をビシバシ感じてしまう。

「岳人」とは、「アルピニズム」とは、いったい何ぞや?「岳人」と称するには如何ほどの時間を山と渓谷に費やさねばならぬのか?厳しく危険な山を追求する一方で憩いを大事にし、緊張を持続させる行動はやがて肉体ばかりか心のくつろぎを要求するもの。緊張の登攀を終え、ひと休みするアルピニストには瞑想的な精神があらわれる・・・イギリスではこれを「The spirit of the hills」“山岳の精霊”と呼んで尊んだとある。その「岳人」に宿る精霊とやらを得るにはどのような心境に自らを浸らせるのか?この下りを理解せずに「岳人」は成り立たない。この辺を現代の万民登山とで比較してみたいと思う。自らを「岳人」と呼び悦に入るなどは身の程を知らぬ滑稽な行為と先人たちに笑われそうである。そこのところは一度学生時代に戻って、いわゆる「登山とは何ぞや?」に思惟を巡らさねばならんのだろう。

さらにもう二、三度、当著を読みこんでみようと思う。「岳人」であるなら一冊は持つべき本であり 山岳愛好家であればけして損はしない一冊である* 草稿なので 今後書き換えることがあります。

"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""

063.gif 登山家 小川 登喜男(おがわ ときお、1908年 - 1949年) 
東京浅草の生まれ、旧制東京高等学校在学中出より登山を始め、東北帝国大学山岳部(1928-1931)では草創期のスキー登山によって、蔵王、船形山、吾妻連峰、八幡平など東北各地の山で活躍。登山のために入学し直した東京帝国大学山岳部(1931-1934)では、谷川岳一ノ倉沢や幽ノ沢、穂高岳屏風岩、剣岳雪稜などを初登攀した。

「行為なくして山はない、情熱なくしては、いかなる偉大なことも起こりえない、山への情熱は、山に行くことのうちに純化されるだろう」(東北帝国大学山岳部ルーム日誌より)

肺結核で若死にし、長くその登山の偉業が知られることがなかったが、東北帝国大学時代に残した日記に小川直筆のメモを見たという。部室や蔵王小屋に集う岳友たちとの交情、山行報告、思索と随想、帝大生たちの青春、登山がロマンであった時代の伝記である。昭和の天才登山家と評される小川登喜男の実像に迫った力作評伝。

「銀嶺に向かって歌え クライマー 小川登喜男伝」 深野稔生著 みすず書房発行 定価 2800円

"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""
でも こんな読み方もあるので 紹介しておく
いちおう「評伝」だから史実もののジャンルなのだろうけれど  脚色もあるとして事実との符号に苦慮する点も多々あるらしい 
それを小説だと指摘する方もいるので そこの所にまだまだこの本の問題があるようで その一方の意見主のURLも表記しておく。
* http://kletterer.exblog.jp/20207595
それらを指摘をする彼は自身のブログに「クライミングという行為が、無機的な岩塊の上で繰り返される筋細胞の伸縮でしかなく、幾つかの数字だけがその結果を表現するものであるとしたなら、なんと虚しいことだろう。」と書いているので その一文で真摯に岩に取り組む方だということが傍目の私にも直ぐにわかる。ご訪問してみて下さい。

d0237340_22335460.jpg



トラックバックURL : https://tabilogue.exblog.jp/tb/21313120
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by tabi-syashin | 2014-11-22 22:34 | 書棚紹介 | Trackback | Comments(0)