会津駒~富士見林道

d0237340_16333715.jpg
駒ヶ岳山頂からの下り、駒の小屋一帯を写真に納める。じつに安定した構え!


台風が 錦繡の衣を吹き散らす前に、じっくりと南会津の山に浸って、人の往来もなくなった会津の渋い山道を歩いた。この山域は積雪期踏破ばかりで 錦秋の道は30年ぶり。

沖縄、奄美、九州に台風が近づくなか、信じられないほどの秋の青天を得て会津駒に登り、富士山を望み 燧と至仏、平ヶ岳と越後三山とを身近に眺めながらキリンテ迄の山道、最も会津らしい山道の一つ「富士見林道」を歩いてきた。

人気の高い山の割にはこの富士見林道ですれ違った登山者は3名。同ルートには前後に10人ほど?ととても静かな道だ。駒ヶ岳のピストンだけでこの山を知りえたと思ってしまうのは誠に勿体ないのである。朝の6時から登るならバス利用(290円)で余裕の周回ができる。

実に、この山路は林道と名付けられているだけあって起伏のない、岩の一つもない、詩情を醸す平滑な道なのである。その証に 詩情が醸されるかどうかは?だが マウンテンバイクを担いで登る人もいる。尾瀬の隣りとは思えぬほどの静かな杣道「富士見林道」、いつまでも記憶に残る道だった。歩き直せたことで得した勘定になるw

d0237340_17143870.jpg
富士見林道でちょっとした岩峰(1996m)を越える その先には燧ヶ岳
d0237340_2064156.jpg
富士見林道から駒ケ岳、駒の小屋を振り返る
d0237340_2095222.jpg
深いブナ林の谷あい カワゴイ沢と上の沢の出合
d0237340_16554177.jpg
平ヶ岳(左)と越後三山
d0237340_642377.jpg

d0237340_644624.jpg
大津岐峠への緩い登り
d0237340_65231.jpg

d0237340_652410.jpg
大津岐峠から2時間。凸凹のない平滑な山道をキリンテまで下る。紅葉、黄葉の林の中! これはコシアブラの葉かな。

登山口-駒の小屋-会津駒-大津岐峠-キリンテバス停-バス290円-滝沢バス停-車両回収

ちょっとだけ 明るさとコントラストを弄って 富士山を露出させたい。。。
いちおう肉眼で見えたので カメラでも 粒子は粗くなるけど 大きく捉えられているはず。

d0237340_12070775.jpg
いかがでしょう? 判別できたでしょうか? 右側の雲の上に大きく写ってました。
大きいですね 日本一の富士の山!

















[PR]
トラックバックURL : https://tabilogue.exblog.jp/tb/21204696
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by tabi-syashin | 2014-10-13 16:43 | Mount M aizu | Trackback | Comments(0)