人気ブログランキング |

冬の陽光を撮る

d0237340_11255531.jpg
冬の陽光、、、明るいが弱そうな光、でもコントラストだけは強い冬の光・・・
それをカメラに捉えてみたい と思っていた
今日 いつものCafeで そのチャンスが巡ってきた。
問題は、、、レンズである。。。

カキカキに輪郭を際だたせた「ハイビジョン」が主流となっているので・・・
カメラレンズも同様なデジタル設計になっている。
だが どちらかといえば、フィルム時代に設計されたレンズの方が 
柔らかい冬の光を捉えるには好ましい・・・そう思ってるので
少ない手持ちレンズから、頭文字に"F"の付いたフィルム用の
FA50mm と FA77mm Limited の2本を選んだ。
このレンズなら 午後の光を柔らかく捉えてくれるに違いない。。。
d0237340_11273345.jpg

冬の陽は 部屋の奥までその光を射しこませるのだが
青い膝掛けが置いてあるベンチが今日の陽射しの限界付近。
案の定、光の当たった青色がコントラストの堕ちた周囲によって引き立てられた。
使われ続けたであろう膝掛けの青が、寒色から温色へと自分を脱ぎ換えた。
d0237340_11322561.jpg


その昔、山は斜光線だ!とかいいながら、CONTAXをよく山に持ち出した。
あれから25年ほど経過したが、Carl Zeiss社のとろけるような写りが好きで 
いまでも似た味わいの FA77mm Limited を愛用する。
d0237340_1137220.jpg

トラックバックURL : https://tabilogue.exblog.jp/tb/15080402
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by tabi-syashin | 2011-01-09 11:04 | Miyagin | Trackback | Comments(0)