再見 「東京家族」 

一度見て もう一度見てみたいと思っていた映画が 早速TV放映された。「東京家族」 自分でもこのブログに読後感というか 映画を見た感想を書いたものだが あらためてそれを読み直して少し文節の不具合を直しながら 昨年、封切りの臨場感を味わい直してみた。

以下、昨年1月21日に書いた感想文を 編集し直してみた。

--------------------------------------------------
d0237340_22345310.jpg



 TVの宣伝に煽られつられ映画館へ、封切となったばかりの山田洋次監督「東京家族」をみてきた。それで、その映画のお尻部分から今日のブログが始まるので…、誠に申訳ない。

 込み上げてくる感情で泣き腫らした顔を他人に見られるのはイヤなもので、館内に明かりが灯るようになっても席を立てないでいた。終映の字幕エンドロールが流れるスクリーンに「この映画を小津安二郎監督に捧ぐ・・・」めいた文字がチラリと映された。遅まきながら「東京家族」の出自をこの時に知った。山田監督作品ということだけでシルバー料金の映画館に入ってしまったのでこの映画が生まれた背景や監督の意図など前知識の持ち合わせなど全然なかった。


 じつは 妙な感じがしていて…、演じるタッチが何かに似てるなぁ?と疑問符を周吉役に抱いていた。この映画を見終えるまでずっと、それが何かを思い出せないでいた。 で、この字幕でやっと、あぁ!あれは あの人の演技だったのか、と遅まきながらやっとモヤモヤがとれた。主演で周吉役の橋爪功さんは「東京物語」での笠智衆さんをイメージして演じていたのでは?と思った。いやいや、俳優さんをモノマネの如くに捉えるのはとても失礼なこと、が、72歳という人物設定にしては 過度な半ば硬直した仕草(失礼!)や、首をほんの少し回し顔を手向ける姿や、台詞をぶっきら棒に云うあたりはそれが誰かの演技そっくり!と私に思わせていた。字幕に映し出された「小津安二郎監督に捧ぐ・・・」の段になってやっと「誰か?」の誰がわかったのであるw。


 小津安二郎監督の映画「東京物語」。。。そこでは、淡々とした日常の中に当世風な世情をあらわす人物を登場させる。例えば、東京に暮らす長男や長女でさえも尾道の重篤の母を見舞うのに喪服を用意してから東京を発つ、こんな風に70年前の都会人の当世風、合理性、割り切り感をドライに演じさせている。現代風な感覚や見方で この映画を観れば けっこう面白く受け取れる当時の白黒フィルムだ。

 また70年前の太平洋戦争や2年前の東日本大震災、その時代、その時代の象徴的な大事件にあって、「まとまっているようで、じつは崩れやすい、いつかは離別するもの… それも家族の一面」というメッセージを観るものに残してゆく。それを如何にとらえるかは受け手の問題であるのだが それは当映画で周吉夫婦の東京旅行での妻の急死にまで急展開させる中、家族という安心の中にも崩れやすさのある「繋がりの脆さ」として映しだす。

 監督の作風の違いとでもいうのだろうが、小津映画のもつ淡々さに山田映画の温かみという一味をふわりと加えたことが映画に表れ出る。たとえば… 旧いFIAT500を登場させ、その旧さに愛着を持つ次男の「ほんのり」感をキャスティングさせたり、母と初見の紀子(次男の恋人)とを一晩で意気投合させるあたりに「温かみ」や「未来」とか「明るさ」といった期待感を一条の光として差し込ませる。さらに瀬戸内の島、実家の隣りに住む少女役の投入により島に残る孤老周吉の明日が朧気ながらも「生活の再生」として先行きの展望が映し出される。大きな違いといえば 戦争未亡人という過去を背負う小津映画の紀子(原節子)と、二男との明るい未来を描く現代版山田映画の紀子(蒼井優 )との対比、独居老人を温かく包む島の人たちの登場などもそうであると思うが、小津映画と山田映画との違いは随所に散見できた。


 違いはともかく、2つの映画で共通するのは「都会と田舎」という古典的対比をしながら人の暮らしや生き方、考え方を捉えていることであるが 1953年、昭和28年に戦後の混乱を経て作られた映画と平成24年、東日本大震災を経て作られた現代の映画という関連で、山田監督が明確に加えたのは大震災被災直後故に「希望ある未来が見えるようになること」に思える。二つの映画を通して 未来を見つめる先が どれだけの明るさを持って どれほど遠くまで見通せるのか、その違いがわかってくる。と同時に、それが映画に保たせた「時代性」なんだということも 受け手は気づかされ山田作品の理解に深みが備わっていく。

 70年という時を越え、山田映画「東京家族」に加味されたのは「希望ある未来性」だとすれば、孤独となっても東京の息子たちを頼らず慣れ親しんだ土地に生き続けるという周吉の姿が印象的になる(私自身の老後を準えて共感もする)。またこれを 震災後に再生を誓う被災者の姿に重ねてしまう。さらに再生という点では 亡き妻の時計を周吉が紀子に形見分けする、周吉から家族として繋がりの芽を託される紀子。などなど「家族の再生」ひいては「地域の再生」を意味している。「東京物語」には著しえなかったものを平成という時代になって「東京家族」に加味された。その意味で つくづく映画というものは「時代性」を担わされているものだと思わされる。


 この映画を見て原作に遡ってゆく思考法もありかもしれない。山田洋次監督の現代版東京物語 「東京家族」。ぜひ映画館に出向いてあなたの乾いた心をご自身の涙で潤してみてはどうだろうか。あれから2年などと軽々には言えないけれど 是非とも震災時の想いをこの映画に繋げ、地域の未来までをも見とおしてもらいたいと思う。 つくづく 過度に発達する文明社会は人の暮らしの密な部分、たとえば「繋がる」という人間の文化度をも低下させるものだなぁ と思ってしまう(完)


2度目の感想
それにしても 今あらためて気付いたのだが・・・「日本の茶の間文化」を屈託なく著しだせること、見る方も素直に「ちゃぶ台のある6畳間」に展開される芝居に魅入る などというのは「昭和世代」の独特の感覚なのだろうか? この映画ではそんな昭和な自分自身を観察する良い機会にもなったかな。 もう一つ 山田監督の目には「家族」という視点と もう一つ「地域社会」という大きく広い視点があるんだということも あらためて理解しえた。







[PR]
by tabi-syashin | 2014-01-27 14:05 | colum | Trackback | Comments(0)

SIGMA DP2 Merrill の場合

d0237340_22272891.jpg

SIGMAのDP2 Merrillで撮ると 同じ場面ですが このようにスッキリ写るので驚きを持ちます。
昨年からDP2XをDP2 Merrillに換えて撮っているのですが 毎回 高精細な写りに感心します。
これでスナップもできるんで満足しております。唯一、夜間だけはFujifilmに任せますが 
それでも 暗部で手ブレさえ気をつければ最高の品質が得られるんだなぁ と思っています。
d0237340_2229095.jpg

d0237340_22281237.jpg

[PR]
by tabi-syashin | 2014-01-22 22:31 | Camera | Trackback | Comments(6)

蝉岩の傍の・・・

d0237340_21483238.jpg
SIGMA DP2 Merrill
d0237340_21485594.jpg
SIGMA DP2 Merrill
d0237340_21494097.jpg
SIGMA DP2 Merrill
d0237340_21552120.jpg
SIGMA DP2 Merrill
四寸道 ・・・開山の偉い和尚さんも歩いたという参道。 一番狭いところで道幅四寸という箇所 ↑
[PR]
by tabi-syashin | 2014-01-21 21:49 | Camera | Trackback | Comments(0)

山寺の朝

d0237340_20421127.jpg

面白山の西面を源にする紅葉川。その川面を撮っていると・・・ 遮断機の音がしてきた。
レンズは広角12mm、、、やってくるであろう列車を待った。

雪景色を想定して山寺に行ったのだが なにやら肩透かしを食ってしまった。あたたかくて 陽ざしもあって とうてい厳冬期らしさは 画に現れ出ないと思った。 朝の9時13分に山寺駅に着いたのだが 体調が良ければもっと早い電車でもよかったかも・・・。
d0237340_19371768.jpg

d0237340_2151891.jpg

[PR]
by tabi-syashin | 2014-01-19 23:20 | Mount Futakuchi | Trackback | Comments(0)

コブつきなんだね

d0237340_2114448.jpg

休日になると どこかへ出かけたくなる。毎度のこと「旅する」というフレーズで即反応しちゃうし、頭がフルに回転しちゃう。その計画を考えている時が一番楽しいものだから、それが生きがいという最大の薬効になっているし、旅という非日常は老いても活力と刺激とをあたえてくれる。 あぁ春が待ち遠しい。

若い時分から家でゴロゴロするなどあり得ず、なんでも見てやろう!知ってやろう!って一日を48時間にして駈けずり廻る。こんな性分だから休日にお昼まで寝ていた、なんてことがない。飲みすぎた翌日でさえ 水をがぶ飲みしながら動き回っていた。

とはいえ、今日はお昼からなので 行動範囲はたかが知れている。昨日は山寺に行ってはみたものの好天になり 雪降りを期待したのに期待は裏切られた。今日はヒョンなことで約束がキャンセルになり、カメラを持って時間潰し、水鳥撮影に出かけてきた。利府の惣の関ダムか加瀬沼か迷ったが近場にした。

加瀬沼にしては珍しい、中央アジア系のコブハクチョウがいた。このコブハクチョウ1羽のほかに オオハクチョウの群れもいた。コブハクチョウがオオハクチョウの群れに近づくと・・・、群れのオオハクチョウたちは一斉に警戒音を発し羽をバタつかせる。縄張り意識が互いに強いせいもあるのかな? 面白いものだ。

コブハクチョウが飛び立つまで じっと寒さに耐えていたが・・・、寒くて寒くて とても 待てそうにない。そうそうに車に戻り エンジンをかけた。とにかく歩き回らないと身体が活性化しない。じっとしていると 頭まで保守的になろうとする。
d0237340_211558.jpg

d0237340_217392.jpg

[PR]
by tabi-syashin | 2014-01-19 22:59 | Miyagin | Trackback | Comments(0)

d0237340_1527553.jpg

1000段ほどもある石段が圧雪か凍結しているので、登りは無事であっても、帰りが凄く怖い・・・

そんなこんなで、意を決して登る。自分の足回りは長靴、地元の郵便屋さんはスパイク長靴、皮革のブーツの方は ブーツ用に作られたカンジキ、手慣れたご老人は 滑り止めの縄を長靴に巻いていたりとか、、、 登られる皆さんは けっこう武装していた。覚悟が必要ということなんだろう。途中ですれ違った外国人の方は小股で歩いてたなぁ 安定してるw

見晴らし台になる「五大堂」は雪の階段ではなく 雪のスロープ?滑り台?になっていて、ロープにしがみつきながら左右の岩に手をかけ、手摺の鉄骨軸に足をかけ何とか登り切った。帰りは 雪が埋まってスロープと化した石段を 尻セードで滑り降りるわけだが 強者は数人ほどだ。自分も腹筋を駆使して延びきる腰下を持ちあげ、なんとか強者入りしたw

粉雪が松の枝からチリのように舞い落ちるシーンを期待したのだが、そうは問屋が卸さない。次回に気分が高揚したら また挑んでみよう。
d0237340_1548062.jpg

d0237340_15465135.jpg

d0237340_23345456.jpg

[PR]
by tabi-syashin | 2014-01-19 15:28 | Mount Futakuchi | Trackback | Comments(5)

ドント祭 東照宮

d0237340_2343936.jpg

会社を退けた後に東照宮に向い、小正月の参拝を済ませてきた。
願い事やら 誓いやら しばらく拝殿の前で手を合わせた。
2014年は重要な年・・・サラリーマン人生最後の年だからね。

今夜は車が進まない、どうやら駐車スペースがほぼ埋め尽くされてる感じだ。
東照宮の周りをグルグルして、小松島小学校から台ノ原森林組合駐車場へ、
そして五城中学校指定駐車場へいくも すべて満車。そのまま宮町方面に行くと・・・、
運よく空車の看板が見え ようやく駐車できた。渋滞から1時間経過だ。

その後、さらに参拝の列に加わり30分ほどで拝殿前へ。
参拝後に甘酒をいただき、冷えた体を「どんど焼き」の炎にさらして、、、
帰宅したのは10時だった。毎年のお参りだが、雪のないどんと祭はなんかさびしい。

d0237340_2345341.jpg

d0237340_235735.jpg

[PR]
by tabi-syashin | 2014-01-16 12:03 | Miyagin | Trackback | Comments(0)

FUJIFILM X-E1

d0237340_21514312.jpg
FUJIFILM X-E1 、FUJINON XF 18-55mm


d0237340_21523169.jpg
FUJIFILM X-E1 、FUJINON XF 18-55mm


d0237340_21534589.jpg
FUJIFILM X-E1 、FUJINON XF 18-55mm


d0237340_2158836.jpg
FUJIFILM X-E1 、FUJINON XF 18-55mm
[PR]
by tabi-syashin | 2014-01-15 22:00 | Miyagin | Trackback | Comments(0)

モノクロ撮影 K-3

d0237340_20212533.jpg

PENTAX K-3で モノクロ撮影したが
日差しが陰ってコントラストが思うほど出なくて
日差し待ちで小半時 過ごした恰好。
d0237340_20214542.jpg

d0237340_20215882.jpg

d0237340_20222947.jpg

[PR]
by tabi-syashin | 2014-01-14 08:56 | Miyagin | Trackback | Comments(0)

冬の撮影 鳳鳴四十八滝

d0237340_19345813.jpg

寒い! 明日の晩はドント祭。
寒さで体が縮みそうだが・・・ 風邪をこじらさぬように。

今朝はコタツを抜け出し 撮影に出かけた。
お腹の周りだけが成長するので 適当に負荷をかけるが?
ということで 作並の鳳鳴四十八滝に。
撮影機材は一眼レフ2台、 ミラーレス1台、 デジカメ2台。
カラー撮影にペンタックス 、モノクロ撮影にSIGMAをあてがう。

今年は雪がなく グラベルもなく 部分的な氷結さえもない。
迫力がないので ズームの威力も持てあまし気味。 昼前に終えた。
d0237340_19352746.jpg

[PR]
by tabi-syashin | 2014-01-13 19:43 | Miyagin | Trackback | Comments(0)