カテゴリ:Car( 74 )

d0237340_191429.jpg
FIAT 500 (595cc)
d0237340_1912668.jpg
d0237340_21444349.jpg
FIAT 600D

d0237340_1914122.jpg
ALFAROMEO ジュリア スパイダー
d0237340_1915787.jpg
ALFAROMEO 2000GTV
d0237340_22215722.jpg
d0237340_21442624.jpg
ALFAROMEO ジュリアスーパー(1600cc)
d0237340_1923740.jpg
d0237340_2144076.jpg
シトロエン 2CV

d0237340_1925717.jpg

d0237340_2215489.jpg
仙台ベンチャーズ
☆さんは高砂の床屋さんだって、、、アベちゃんに言われるまで 知らなかった。
d0237340_1935261.jpg
d0237340_22173154.jpg
男まえ!「 のだまうんてんぼーいず」
ブルーグラス良いね!心が和やかになる、新曲レパートリ増えたの? 鉄腕アトム?
[PR]
by tabi-syashin | 2014-04-20 19:03 | Car | Trackback | Comments(0)

d0237340_1811448.jpg
MG TDⅡMIDGET

今年のヒストリックカー&クラシックカーミーティングin仙台も
寒空天気にもかかわらず 多数のご参加 ご来場をいただき 無事 終了しました。
アベ゙、ヤベ両君・ 実行委員会の皆さん お疲れ様! 楽しかったよ~!!

疲れたので 数枚張り付けて今日は勘弁してもらおうかなw
d0237340_18113777.jpg
MG B GT

d0237340_1811559.jpg
JAGUAR E type
d0237340_2053414.jpg

d0237340_2143767.jpg
左から ルノースピダー、メッサ―シュミットKR200、アルピーヌ A-110、LOTUS ELAN+2
d0237340_21483040.jpg
LOTUS ELAN+2
d0237340_21515.jpg
VOLKSWAGEN カルマン・ギア
d0237340_1921339.jpg
AUSTIN ミニカントリーマン

d0237340_2215372.jpg

d0237340_2216312.jpg

[PR]
by tabi-syashin | 2014-04-20 18:14 | Car | Trackback | Comments(0)

オーナーが見られてる

d0237340_713459.jpg
ホンダ Z-GS  1971年生産、360cc、5速(ドグミッション)、前輪ディスク。凄いデザインだと今でも思います。



昨年11月来のご無沙汰でした。皆さんおかわりなく良かったですね。

イッズミーは「大人の交流の場」に成長してきました。毎回、あっちで 「やあやあ!」、こっちで 「よおっ!ひさしぶり」っと、いつもの挨拶から会話が流れ出していきます。私を始め、発足時10人ほどの呼びかけ人たちは かつて イッズミーをこんな雰囲気の集まりにしたかったのでした。(今回、発足メンバーは3人ほど参加しております)

それゆえ、この雰囲気を壊すものには「参加禁止という厳しいルール」を掲げ、会を護ってきたわけです。オーナーの上位に愛車があるようでは 単なる「車の見せっこ」になってしまいますし、それですと 自分の車が一番!というわけで あちこちで仲たがいが生じてきて とんでもないバトルが展開されてしまいます(過去にも数度ありました)。

ですから、“自分より愛車が上位にある” “車がすべて”などと「ヒエラルキー」や「ステイタスシンボル」的な小さな優越感や、「くるま 命」など絶対観念を車に抱く方は 不遜な態度(人を見下した態度のこと)が出がちですのでwwwお気を付けください。イッズミーとしての自主規制事項なので、ネットでも会場でも罵倒や暴言があれば旧来同様に「参加禁止」。あなた自身の身勝手さに原因があるから・・・、理解、反省するまでは「参加禁止」となります。見られているのは「車」ではなく、「オーナー」である君自身であるといえます。

「横のつながりを広げよう!」

10年過ぎてようやくこのイッズミースローガンの意義が理解されてきたなぁ と自分の中で思っています。 量的には、最少に見積もっても毎回10人の新規参加があるとして11年で880人、それを初回参加の160人に上乗せしたとしてユニーク参加者は1000名。実際には毎回15人ほどが新規参加者数の平均値ですから それを優に越えたと思われます。

「横のつながりを広げよう」 掲げたスローガンの質的な狙いは発起人にその意義深さをズシリと感じさせました。東日本大震災では日赤募金活動への参加、生鮮食料品供給活動を独自に企画し毎月2回の供給活動、亘理町と東松島市での衣料品頒布活動など「互助の活動」を実践。この当会のスローガンの下に参加者の賛同・協力があったからこそ やり遂げることができました。

この1000名の中には沿岸部の津波被災者の方もおられただろうし、福島第1原発での避難生活者もおられたことでしょう。ともに僕らの仲間です。昔日のように愛車を駆ってイッズミーに復帰できたらいいなぁ と思っております。

それらも含めて 今後も比較的に正しい観点でこの集まりを見つめてゆきたいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・イッズミー発起人、(旧)世話人会代表 もときち

d0237340_18375121.jpg

d0237340_18521247.jpg

d0237340_1839880.jpg

d0237340_18392785.jpg

d0237340_18384563.jpg

帰り道、弁当を買って 榴ヶ岡公園にいってきました。
桜の木の下で弁当を・・・、日本に生まれて良かったと思うひと時ですね。
d0237340_1901366.jpg

[PR]
by tabi-syashin | 2014-04-13 18:12 | Car | Trackback | Comments(0)

Eldoradoの・・・

d0237340_21415692.jpg
Nikon F-3T , 50mm f1.4

エルビス プレスリーのトリビュートバンド"Eldorado"の伊藤弘樹さん。
彼のステージは いつでも とても 楽しい。


ところで、、、フィルムの現像がやっと進んだ。
ずっとキタムラ泉店に預けたままだったが 年末に受け取って来た。
その中の一枚であるが 少しボカシをつけた。
[PR]
by tabi-syashin | 2014-01-12 21:56 | Car | Trackback | Comments(0)

FIAT 600 修理

d0237340_16333484.jpg


いよいよ寒くなってきた・・・ 
愛車たちのストーブリーグの季節がやってきた。

毎年この時期になると・・・ 
愛車の整備に盛り沢山の整備計画が妄想される(笑) 

夏場が過ぎたころに部品の調達が始まる。
秋には修理 塗装などの作業を依頼する算段が始まる。
或いは発注はとっくに済んでるが
海外から来ない部品にやきもきしてんじゃないのか? 
いずれ誰しもそんなとこだろう。

我家の愛嬌者、FIAT600は一昨年の暮れから・・・
既にストーブリーグ中で(笑)
サーキット走行後に発覚した油のリーク、
次に見つかったウォーターポンプからの漏れ、
他に 内装 外装 ブレーキなど着々と改修が為され 来春には完動品となる予定だ。 

この季節もっとも肝心なのは オリジナルな部品の調達に悩むこと。
新品部品がないならないで 
中古部品をあてがうか 国産部品の流用に頭を悩ますか・・・?
決めねばならん。 

今回ウォーターポンプ
純正パーツを探してもらった よくも見つかったものだ。
次に タイロッドエンド
この入荷でほぼ完成で全体的な見直しが終わりとなる。
これも3カ月探してもらって 純正をあてがった。

あとは・・・意外にも無いのがドアミラー。
これって ありそうでない・・・ って そんなこと自体が信じにくいのだが 
もともとイタリアではクリップミラーが多いというお国の事情もあるので、
英車ミニのパーツを応用するとかで 仕上げるしかない。
と思っていたが 
DATSUN 510型のクロームミラーがピッタシカンカン。

修理依頼先は“空冷のお助け茶屋”、「アトム」さん。
ここで難問が全てクリアできた。

ワーゲン以外にも ポルシェ 国産旧車 イタフラの名車が持ち込まれる。
以前、ミニのドア内張り修理を依頼したことがある。
その仕事ぶりが完璧だったので今回も安心して「アトム」さんに依頼した。

天井の剥がれ ドア内張りの貼り直し完璧仕上げ、、、さすがにワーゲンショップ。
より完璧な仕上げ、より60年代らしさ、見た目がキレイ、
そもそもオーナーである自分が新鮮な仕上がりに胸をときめかせている。

それなりに60年代の姿に戻るかな? 
来春までまだ時間があるのでたっぷり磨きあげるつもりだ。
ストーブリーグの妄想には金の算段も併せなくちゃ、、、
ここがけっこう痛いが、往時の名車に仕上げるには背に腹は代えられない。


2013年のHCCS以降、
エンジンに火を入れようとしたがスタータが動かず。。。
さっそくスターターを取り外して
西多賀の「高橋電装工業所」さんに修理依頼をした。

なんと持ち込み修理依頼から1週間ほどで出来上がってきた。
これで灯火類の不具合を除きほとんど心配がなくなった。
灯火類も配線から接点ソケットまで 基本を見直して完成している。




[PR]
by tabi-syashin | 2013-11-28 17:56 | Car | Trackback | Comments(0)

d0237340_21203953.jpg

なお・・・
昨日、芋煮会のカンパは 27000円ほど 集まったようだ。
雨の日開催なので例年の60%ほどだが 赤字すれすれかな?それ以上聞かなかった。
ブログで芋煮会の開催案内を出す機会もなく 結果としての収支報告する場もないので 
とりあえず このブログでカンパ金額だけでも報告しておきたい。
みんな ありがとう!

最近 参加者の顔ぶれが代わって イッズミーの基本的な姿勢や立場など
まるで知らずに 「参加者然」とした顔の新人さんが増えてきている。

寒い中 仕込んでるメンバーに向かって・・・
「この芋煮 一杯いくら?」 
・・・などと ちょっとしたヤリトリがあったらしい
テキヤの屋台じゃないことぐらい一見して分かるんだろうから このヤリトリはいただけない よね。

以前にも ワンコインカンパと言われつつも 100円玉を財布から 1枚だけ出された方も居らしたけど・・・
有志の善意で炊き出しをしているわけだから ちょいと協力しようか という気持ちさえあれば
上述のような会話など起きるはずもないのだが・・・ 
現実に遭遇すれば色々と考えさせられてしまう。

結果 何故イッズミーの最終回に芋煮をしているのかもわかって貰えてないだろうし
2年前に このイッズミーで被災地への生鮮食糧支援を行っていたことなど知る由も無し かな?
単なる車好きの集まりだと思って参加する人が増えているようだ。

一方 それらを新規参加者に言い伝えていない先輩方の済ませ方にも問題がある かな。
ぜひイッズミーの参加ルールや考え方など時間をかけてイッズミーブログを読んでもらいたい。

この場がどんな楽しみを持っているか それらがどんなに皆の息抜きになっているかなど
自分で しっかりつかんで参加してもらえるといいのだが・・・古参ながら お願いしたい。

イッズミーブログの管理者が不在なので その点を毎回言い含める人がいなくなった
・・・これが最も大きな原因だ。 解決のためには 次期管理者を早く選ぶことが重要なのだ。

イッズミーブログがどれほどのポテンシャルを有していたか 現実を観るにつけ理解できるだろう。
来年はさらに濃度も薄まるだろうから注意監視が必要だ。












[PR]
by tabi-syashin | 2013-11-11 21:08 | Car | Trackback | Comments(0)

d0237340_1920777.jpg
風倒木なのか 根っこが浮いたのか どうしたわけか・・・
このブナは湖面から数メートルを保ち 水平に幹を倒している
かろうじて 生き続けるその幹からは 天空を指す小枝が・・・数本



低気圧通過の小雨の中 今日はラストイッズミーに参加してきた
石原兄弟やら武藤君やら いつものメンバーが手伝ってくれていた 感謝

門馬くんが この恒例芋煮会のために前夜から「仕込み」を担当しており
昨日も夕刻から 白菜 人参 大根 ゴボウ ネギなどを大量に下処理していた
もうかれこれ5年ほど この仕込作業をやっているのかな?すごい努力なのだ

僕などはその傍らで 酒を飲んでいるだけなんだけれどもw
彼は材料の仕入れから 鍋や燃料や食器やらの果てまでを きちん手配している
無口の男は心根に熱いものを持っている・・・の言葉通り
彼ほど実戦でそれを表し イッズミーを下支えしている男はいない

森田くんが これに必要な大量の野菜を提供してくれている 
門馬くんと森田くんとは 高校時代からのタッグと聞いている
この男たちが イッズミーでも、HCCSでも 舞台裏で地味に仕事をこなしているのだ
いつもそこに居るべき人が居て あるべきものがある・・・今や安心の存在になっている

10年イッズミーを開催してきて じつに「実に成った」二人である
今年も芋煮を美味しくいただいてきた 彼らのお陰だ 

--------------------------------------------------------------- 

車好きが集まるイッズミーだが その本質は じつは 「車」にはない 
趣味は人間を修飾し本質に迫りもするが、おおよそ本質には成りえない
ゆえに、イッズミーの本質は 「人間」にこそ在る 車は単なる媒体だ

ここを勘違いする人間が集れば 争いごとが絶えない集団となる 
でも 11年目も なんだかんだと続いている 
改造車や痛車などとの棲み分けができた今 よほどに楽しいのだろう 

表面上のことはさておき 由々しきことに
このイッズミーだが 未だ次期リーダーが出ていない
烏合の衆であり続けることは   「崩壊」の途を歩むことを意味する

その時の覚悟だけは忘れないでおこう 
いつまでも そこに在り続けるものではない ということを。。。



それはそれとして また来年4月にお会いしましょう! 
(本家ブログ管理人問題はこれまた烏合の衆に倣い 来年に持ち越しだ) 




*旧車の電装関連にお悩みの方、良い電装屋さんを紹介します!  

---------------------------------------------------------------











[PR]
by tabi-syashin | 2013-11-10 19:17 | Car | Trackback | Comments(0)

今日の僕好み車6 2013HCCS

d0237340_16102367.jpg

新入社員の教育研修が佳境となり、更新が遅れています。HCCS二日目が雪 皆様お疲れ様でした。どうしても3年前が僕の頭に過ぎるんですよ。あの時は、6cmほどの積雪をただただ見つめるだけでした。
d0237340_16111828.jpg
911S かな? 今年は綺麗な「911」が多かったようです。綺麗なスタイルです いいですね~。
d0237340_16114910.jpg
三菱ギャランAⅡGS 1970

ラリー車のような?カッコイイ!よくよく見ると「アンダーガード」が睨みを利かしてる。かつての現役車でしょうか?当時、勤務先の先輩が持ってました。もち シグマ ラムダ ランサー初代も実際に運転しました。
d0237340_16121690.jpg
三菱ギャランGTO ヒップアップクーペ  
「少年画報」だったか「冒険王」だったか?少年月刊漫画誌があって綴じ込応募ハガキが付いていた。で それに応募するとGTOが貰えるという企画。もちろん応募した ワクワクしたっけ(笑)
あくまで朧気な想い出なので定かではないのだけど 毎月応募したw 深く突っ込まないでねw もう一つはTVCM。雨の中、ゆっくり走るGTOの前をヒールを脱いで歩く長脚な女性が出演するCMがあって(?)そのCMもオレンジのGTOで興奮した覚えがある それに美女だったような? 
いずれ1960年代の話だ(爆)季節は流れ・・・浅丘るり子出演のスズキセルボのCMも好きだったなw
d0237340_16124650.jpg

d0237340_16135810.jpg
シトロエン 2CV 1987

今回、二日目は朝から中止状態。 3年前は初日が中止状態で、運営に反省/批判もありました。批判の仕方にも色々あるけど、先人の努力に報いぬ仕方や心に刺さる言葉の矢に私といえど我慢ならずだった。人間不信に似た気持ちかな? あの時の反省会(宴席でのアレコレ)が頭を去来する。

一体、イベントというものは 「実行委員会」がありさえすれば開催できるものなのか、、、もしくは できたと認識すべきものなのか? 金のある方々で運営し赤字も埋めていくものなのか?失敗は全て「アイツ」に負わせ 成功は全て自分がいたからだ、、、こんな我田引水みたいな総括を繰り返してるようでは次回も大変だなぁと思っていたら なんと今年、雪が降った。

イベントは 「我々の認識に甘さがあったか、なかったか?」という点、我々自身が楽しかったかどうか?皆さんも楽しかったかどうか?という点を聞き集めて反省しないと 毎年同じイベント内容に終始してしまう。 

それはそれとして、ヤベ事務局長も語ってたけど 秋にも「HCCS再来」を催してみてはどうか?
という事務局私案ですが僕は頼もしい発言と思っています。各地開催日との調整は不可欠ですがね。まず「リーダーが発言して、支持者のセコンドがあれば 実現に向けて動きだす」・・・組織論として ココが凄く重要なところだと思うんですね。 

できれば「生産年代を70年代までの海外生産車に絞る」ククリ方。当初のHCCS方針通りに!ネオクラの皆さんにはきつい話になるのですが また国産の方々には申し訳ないんだけど これは僕の個人的意見だからゴメンね。50年代のアメシャの隣に80年代の国産車ではアンバランス。小粒でもピリッと辛みの利いた車たちを集め、仙台新港三井OPでそんな秋の展示会はどうですかね。HCCS sellect!」タイトル的にはこんな風とだけ おふた方には返信申し上げておきます。新型の輸入車コーナーも併せて提案しておきます。(スポンサーの確保の為にね)

もしかして どこかのイベンターが既に企画して アクション興していたりして・・・?
アベ・ヤベ両君には頑張って戴きたいと思います 心から応援しております。
[PR]
by tabi-syashin | 2013-05-06 15:44 | Car | Trackback | Comments(0)

今日の僕好み車5 2013HCCS

d0237340_1026059.jpg
ELDORADO BIARRITZ CADILLAC GM 1957
d0237340_10265730.jpg
THUNDERBIRD FORD 1957
d0237340_12523819.jpg
EL CAMINO CHEVROLET 1967
d0237340_12532316.jpg
T型 FORD Type B 1932
d0237340_12561142.jpg
T型 FORD Type A 1930
d0237340_12564151.jpg

d0237340_20415749.jpg

[PR]
by tabi-syashin | 2013-05-02 10:27 | Car | Trackback | Comments(0)

今日の僕好み車4 2013HCCS

d0237340_17262362.jpg
MG B ツアラー 1973

今回の車の並べ方が生産国別ではないので 撮り難くて・・・ 結局、撮りませんでした。
マニアックな方が分かっても 一般人が分からないようでは 展示会とは云いません。
ツウな方が考えたにしても 展示方式としては旧来の形式のほうが わかりやすかったのでは。

d0237340_17203423.jpg
メッサーシュミットKR200 1959
d0237340_17202484.jpg
FIAT チンクエチェント 1969
d0237340_17224231.jpg
フォルクスワーゲン バリアント 1966
d0237340_17233447.jpg
d0237340_172435100.jpg
アルピーヌ A110 1969
[PR]
by tabi-syashin | 2013-04-28 17:28 | Car | Trackback | Comments(0)