カテゴリ:Utukusima( 27 )

d0237340_17321064.jpg


二度目の訪問だが、、、建物はすっかり観光化されてしまって以前のような大正時代の雰囲気が無くなってしまった。とくに戦後間もない頃、果樹王国福島にリンゴ果樹産業が興きたころの面影がこの土蔵倉庫に残っていたのだが、その「面影」の一つもない。この土蔵倉庫にはリンゴ箱に印刷したであろう品種名(朝日 國光 紅玉など)を刷る形抜きが20枚ほどあったのだが今回は見当たらずに何処かへ片付けられていた。屋敷の玄関が買付の事務所になっていてそこで使われたであろう算盤や買付帳面なども何処へ行ったのやら? その代わり、足湯や手湯などの観光客向けの施設が 隣の鯖湖湯からこちらに引湯し新設されていた。建物は残ったけれど昔の名残りである産業道具類が見えなかったのがとても残念だった。


豪農・豪商 堀切家
江戸時代の堀切家の経営は地主経営のほか、金融、酒造りをはじめ、蝋・漆・生糸・真綿・鉄・塩・酒の商品を扱う多角的な商売をおこなう一方、福島藩・相馬藩・白河藩などにも多額の融資をおこない、藩の財政再建に助力したり、年貢の先納金(年貢の前納金)を村に貸し付けもおこなっておりました。また、これらの経営で蓄えた財力により、飢饉による農民救済の救援米を藩に寄附したり、米の安売り、赤子の養育資金を代官所に預けるなど、地域の政治・経済に大きな影響を及ぼしました。
これらのことから、4代当主太郎左衛門治久の時に「名主役」に、7代当主善兵衛治美の時には苗字帯刀が許され「大庄屋格」に、8代当主善兵衛治堅の時代には郷士となりました。特に8代当主の時代には年間総収入13,505両に達しました。(福島市観光課 案内文より転載)

d0237340_18213182.jpg


d0237340_17312332.jpg


d0237340_17314814.jpg


d0237340_17304633.jpg
明治時代の海外渡航用カバン
[PR]
by tabi-syashin | 2014-11-25 13:09 | Utukusima | Trackback | Comments(0)

お祓い地蔵

d0237340_19585629.jpg


実家の墓参り
盆の入りに 墓掃除に一人出向いたばかりだったが 
今日は 横浜から帰省した娘と二人

盆の入りから数えて4日目? 
あの時供えた花が まだシャキンとしてた
天気が悪かったせいもあるのだろう 珍しい

境内に向かう参道に太い杉がたっている
毎年 落雷や強風にあい、身を半分ほどに低めていた

枝下には お地蔵さんが立っている

膝の痛むお婆さんが お地蔵さんの膝を石でコンコンする
勉強ができるようにと 子供が地蔵さんの頭をコンコンする
心の優しい子に育てと孫を抱え お爺さんが心?をコンコンする

お地蔵さんはその一身に 村人の願かけ、厄災を引きうけてきた
痛みや邪気を払ったその身は削られ彫られ
体じゅうゴツゴツ、ディンプルだらけだ
今日も 黙って杉の木に寄り添うように立つ
村のお寺の お祓い地蔵さん

うちの娘らも 幼いころから墓参りの度にコンコンしてきた

か ぜ を ひ き ま せ ぬ よ う に・・・コンコン
あ た ま が よ く な り ま す よ う に・・・コンコンコン
こ こ ろ が よ く な り ま す よ う に・・・コンコンコンコン

昔から呪文のように念じ 唄うようにコンコンしてきた
大人になって どんな気持ちで今日は コンコンしたのだろうか?
私も傍で 眼と膝とをコンコンし 手を合わせた


d0237340_21165937.jpg

[PR]
by tabi-syashin | 2014-08-17 20:10 | Utukusima | Trackback | Comments(0)

d0237340_11291034.jpg


新入社員教育に時間がとられ・・・南会津下見に行けません!

03月

★☆ 3/29~3/30 上和田-置賜駒(直登尾根)-七ッ森分岐(泊)-七ッ森往復

飯坂インターにて 7時 合流
食当は私がやります。
共同・個人装備は 南会津山行計画に準拠します。
新雪が降りました。ワカン必携です。

雪山で 所作を確認しながら 往復しましょう。
            
04月・・・

★☆ 4/6 面白山トレーニング     
◎◎ 4/13 イッズミー 泉ヶ岳ミーティング
◎◎ 4/19~20 HCCS ヒストリック&クラシックカー展示会 仙台市役所前(市民広場)
★☆ 4/27 大東岳トレーニング 
[PR]
by tabi-syashin | 2014-03-18 12:32 | Utukusima | Trackback | Comments(2)

買物ツーリング 南相馬

d0237340_2214204.jpg
PENTAX K3. DA35mm

暖かくなるのを待ちきれず 今年も南相馬まで車を走らせた。
足車はまだないので 相方専用車を仕立てて・・・。

まず向かったのが 亘理のいちご農家。
事前に いつもの「鈴木農園」のホームページを覗くと・・・

ーお知らせー
大変申し訳ありませんが、2014年のいちご狩りはお休みさせて頂きます。
今年度より亘理町の復興事業である「亘理町いちご団地」にて、
いちご栽培をする事になり、 亘理町逢隈鹿島の農園は、閉園する事になりました。
震災後たくさんの方に応援して頂いた、逢隈鹿島の農園。
短い間でしたが、本当にありがとうございました。

・・・というわけで
亘理町いちご栽培農家の「いちご団地」だそうで、 新天地で頑張って!の一言だ。

代わりに谷地の 「こうちゃん園」が紹介されていたので浜吉田に向かった。
たくさんの家族連れが ハウスいちごの摘み取りを愉しんでいる。
暖かくなる前なので まだ酸味が残ったいちごだったが 1ケース購入する。

さらに、どんどん、、、南下を続け 南相馬のパスタ屋さん「マリオ」に寄って
美味しいグリーンサラダを大盛にて食べ、トマトベースのパスタを戴いた。
今回もマリオさんは ランチタイムも重なってか? 大変に込んでいて人気店。
前回と違い、町のお婆さんたちも利用なされているようで 妙に安心感があるw

最後に、 前回は売り切れで買えなかった 小高商業高校企画の・・・
「小高だいこん かりんとう」を買い占めに道の駅に向かうw。
ほんのり 小高大根の優しい甘さが美味しい!

地元産のもろもろを購入しながら 一日のんびりと ドライブしてきた。

d0237340_11575151.jpg

d0237340_1383796.jpg

[PR]
by tabi-syashin | 2014-03-15 22:25 | Utukusima | Trackback | Comments(0)

南会津モチベーション

d0237340_20284789.jpg
城郭朝日を頭に載せた窓明山と奥に叶ノ高手を担いだ坪入山


毎年、南会津に出向いては登ってきた自分、もう30年になるのか・・・
で、先日「南会津彷徨」を再度 引っ張り出してブログに載せた。

どうしても 丸山岳まで登って
浅草、未丈、毛猛、窓明、三ッ岩、駒ケ岳、会津朝日、城郭朝日などの
雪をかぶった山々を眺めたいのだ。
なのでまた一枚、昔のアルバムから 引っ張り出しておく・・・。

城郭朝日、会津朝日の叶ノ高手が見えていた一枚の写真だ。

嶋津よ、還暦祝いにw 一丁 行くぜっ!
ん~ 酔っちまった。。。

d0237340_20292535.jpg
駒から大戸沢と三ッ岩。
d0237340_20295895.jpg
三ツ岩から 窓明山
[PR]
by tabi-syashin | 2014-02-27 20:34 | Utukusima | Trackback | Comments(3)

福島にて・・・

d0237340_19321592.jpg

ちょいと車つながりの縁で 福島nabceさんのところへ。。。
少し飲み過ぎたかな? 5合は飲んでいるというが・・・
居酒屋「赤鬼」 酒は会津の栄川 本醸造の熱燗 これで決まり!
締めは餃子。nabceさんの同級生の店。
だいぶ以前 旧店では黒柳徹子姐がお忍びで通っていたそうだ。

人もいい 福島の方言もいい じつに愉快だ。
気兼ねしない 良い飲み屋さんだっ。

激熱の飯坂の湯に30分ほど浸かり 軒酔いがサッパリw
岩沼、お決まりの店で 冬季限定「野菜そば」を食べてきた。
味噌ラーメンが旨い店だが、、、「限定」には弱いw。。。
d0237340_19284657.jpg

[PR]
by tabi-syashin | 2013-12-22 19:36 | Utukusima | Trackback | Comments(0)

葉っぱが無い!

d0237340_5414634.jpg


非常に珍しい現象がおきていました。磐梯山登山口を歩いて5分も経たないうちに 林が妙にスカスカしていて空から明るい光が射している どうみてもヘンなんですよ。

仲間に聞いたら やはり同様に異常に気付いていたらしく暫く 周りの木々を探っていました。 そうなんです ブナの葉っぱが一枚も というか一本残らず 全部の樹が葉を落としている? いや 落ちてはいないのでしたが、、、とある3センチほどの青虫に全て食いつくされていました。さすがに青虫も葉の厚いホオノキは喰いつくせなかったようで ホオの葉は点々と穴が開けられたままでした。

その証拠が上の写真です、目下 登山口から中の沢温泉までなのですが 肝心の青虫はトラバース道の始まり部分でも発見されましたから 徐々に上部の林に移動しているようです。ダケカンバの林も食べられちゃうかも。。。天敵である鳥も食べきれないほどの大量発生です とにかく初めて目にする凄い状況でした。

雨が少なく 高温が続いたので虫が大量に発生したのでしょうか?

d0237340_548517.jpg

ソバナ
[PR]
by tabi-syashin | 2013-08-18 05:51 | Utukusima | Trackback | Comments(0)

d0237340_19232875.jpg

そういうわけで、、、宣言どおり 南相馬に行ってきた。

ミニにはETCをとりつけていないので 仙台東から山元町まで1150円かかった。
それにしても 近くなったもんだ、 相馬まで1時間チョイだなんて。 

でも そこから南相馬までが これが厄介w 
6号線から内陸のほうへ移動して 高速道路に乗らなくてはいけない。
だいぶ 相馬市街地から離れたところに相馬インターがあった。(今月一杯 無料)
慣れれば遠くはないのだろうけど 不案内の者にとっては分かりにくい。
 
パスタの店 マリオさんは相馬野馬追い会場の近く すぐにそれと分かり 
早速 茄子とベーコンのスパゲティをオーダー、じつに8年ぶり?
湯気が立っていて、あつあつのを美味しくいただいた・・・ 
夏の旬ならば 茄子がたまらなく美味しいだろうね。ワカメスープが隠れた逸品、最高!

今日の目的のもう一つ 肝心の「小高だいこんかりんとう」が品切れ。
物産館に入ってすぐに左手の陳列棚、、、見れば棚はスッカラカン。 

道の駅南相馬物産館では次の入荷日も分からないとのこと・・・今回はあきらめ。
次回に予約して人気の商品を確保してから 再び遊びに出掛けたい。

で、目的の一つは果たせたわけだが 大事なもう一つが・・・果たせなかった(泣)
まあでも  かんの君とも連絡が取れて まずは一安心だ!
d0237340_19313948.jpg

今日は 目の調子が悪く、マニュアルフォーカスでいつものように操作するのだが
ピントが合ってるのかどうか自分の目で判断できなくなった。運転も視力落ちで最悪だった。
というわけで 今日の写真は全てブレブレだ 申し訳ない。黄砂のせいかも?
[PR]
by tabi-syashin | 2013-03-20 19:31 | Utukusima | Trackback | Comments(0)

d0237340_23212865.jpg

明日は 南相馬までドライブです ミニで。。。

目的は 小高商業高校の生徒さんが企画した「小高だいこんかりんとう」・・・
ただそれだけですが・・・ 芸が無いのは百も承知。

震災以降 太平洋沿いに出るのは東松島支援以来です。
 なので けっこう重い腰を上げてゆきますw

ついでに マリオさんのスパゲッティを食べてこようかな。
いわきの水族館に行って以来 5年ぶり?


かんの君 見てたら電話くれぃ!
[PR]
by tabi-syashin | 2013-03-19 23:12 | Utukusima | Trackback | Comments(0)

会津 田季野 

d0237340_21193042.jpg
鰊の山椒漬(会津の郷土料理)  福島の実家ではこれに玉葱スライスを混ぜる

秋ともなれば こころの襞に架かる想いは・・・キノコ料理、、、って ヘン?(笑) 毎年キノコ料理を味わいに出向く。ひとつは 白布高湯温泉の吾妻軒の美味しい「きのこ蕎麦」。もうひとつは 会津の田季野の「きのこ輪っぱめし」。というわけで お腹を満たしてきた。つくり手も代わらないと思え、おいしい味だった。値段は観光地メニューなので高価だが美味しいので食す価値あり。

小改装があったらしく一階に炭火焼カウンターができていた。白木のテーブルが妙に浮く。二階席には小部屋が幾つかあり相席だったのだが、なぜか今回は通路にテーブルを用意した簡易小上がりのような席だった。通路まで利用してまで? なんと商魂たくましいことか。狭いところに大きなテーブルなので座りにくく居心地が悪い。会津情緒が残る座敷は団体さんが占めるようだ・・・昔馴染みの客と金を落とす一見の団体客とで客扱いに差が出た感じ。

30年ほど昔はガタピシの建物で、壁の隙間から陽が漏れるような建物だった、畳の大きさも京サイズでそっちもこっちも狭く、待つのも大変だったけど、仲居さんたちの会津弁が気さくで 配膳の途中でも待ってる客に声を掛けてくれたりして順番を待つ時間も苦にならなかった。今も店は大繁盛で構えも立派になったけれど、階下から筒抜けで聞こえてくるのは帳場の仕切り声だったりする。客の面前で叱られ委縮した従業員から笑顔が生まれるとはとても思えない。いやな場面をみてしまった。

観光客相手だから多少のギクシャクも一時の恥で済まされるのか? そういえば 前回訪店時にも玄関を開けると営業時間中に社員教育が為されていた。従業員が整列しており講師の先生が講釈していた その面前をお客様がすごすごと申し訳なさそうにテーブルについていた。こんな教育で従業員の定着が適うのかどうか知る由もないが 今回は御もてなし・接客という意味で甚だ疑問が残った。 次回の訪店は少し遠のいたようだ。 

さて、、、と 懐かしげに昔話に浸っていたら 会津居酒屋籠太、親父の小言を思い出した。
あつあつの肉巻きトマトで火傷したくなった(笑) 酒は萬代芳あたりか 群馬の淡緑か。 

d0237340_21535670.jpg

[PR]
by tabi-syashin | 2012-11-29 17:59 | Utukusima | Trackback | Comments(0)