figaro 2

d0237340_16323262.jpg


d0237340_16362623.jpg
d0237340_16503018.jpg


d0237340_1640493.jpg
d0237340_16522533.jpg


d0237340_16343447.jpg

[PR]
by tabi-syashin | 2013-10-06 16:53 | Art | Trackback | Comments(0)

figaro

d0237340_2001640.jpg
http://www.youtube.com/watch?v=KAzV2PxbzvA
d0237340_23274764.jpg
http://www.youtube.com/watch?v=d27gTrPPAyk
d0237340_2031183.jpg
http://www.youtube.com/watch?v=Ng4P6FWVdcE
d0237340_2085112.jpg

http://www.youtube.com/watch?v=S9VVxDZCZzI
d0237340_206143.jpg

d0237340_2063661.jpg

[PR]
by tabi-syashin | 2013-10-05 20:09 | Art | Trackback | Comments(0)

宮城県美術館 ゴッホ展

d0237340_21324711.jpg

SIGMA DP3 Merrill
d0237340_17464113.jpg

SIGMA DP3 Merrill
ISO800 SS320 f5.6




天井の粒状感が気になるけど、ISOを上げないとブレちゃうので
敢えて「SIGMA的な設定」w 
DP3の画角だと壁際に立ってアレが限界で、
男の子の足まで 気が回らなかったのが正直なところw

「消失点」にこだわってカメラを構えていた所に、
前景となる人がフレームに入ってきたので「こりゃいい!」ということにw 
次に 意識して前景となる人を待ち構えていたら
男の子がたまたま来てフレームに収まったのがトップの写真。

画角の1/3ほど歩いた所でシャッターを切った。
スタイリッシュな女性だともっと良かったんだろうけど・・・、
ピンヒールなら吉?www




パリ印象派の画風、明るい色彩に影響された絵が心に残った。
パリ時代以降 南フランスのアルルに居住。
ゴーギャンと共同生活を始めたが、発作的にゴーギャンを襲い 
挙句自分の耳をそり落とすという素人の僕でさえ知ってる事件。
「癲癇」という病気だったそうで、
やがて青の「糸杉」を残してピストル自殺してしまうという結末。

画家になることを決意して
僅か10年、37歳の短い生涯の中で描いた800点もの絵。
アルルで描いた「耕された畑」「蟹」が展示され、
有名なヒマワリや糸杉の作風がそれらに表れていて印象的でした。

パリ時代の絵、形式性を重んじていた彼の絵を観ていたら、
解説に「パースペクティブ」という言葉が記されていて、、、
あっ!と我に戻って
写真をとってみたw 美術館のカフェテラス2枚。。。



d0237340_2310251.jpg
SIGMA DP3 Merrill



美術館って、もしくはそこに行くからといって、、
別に自分は気取ってるわけじゃない。
文化に触れるのは大切なワケアリと考えている。


つまり、山でも 車でも 音楽でも ただそれだけのためではない、
自分が持っている「文化度」という指数を維持するために
時間をとっているようなものなのだ、
ジャズも美術も小説も車も  自分の文化的尺度の一つと思ってる・・・、

それでなくとも
趣味の車だけじゃ埋まらないスペースが 底知れぬほどあるはず。
しかし、それとは真逆にどんどん時間はなくなるばかり。

「技量の要る山に興じるばかりが老後なのではない」、
年相応に文化度を磨く、これも自分の人生での戦いなのだ。




[PR]
by tabi-syashin | 2013-06-30 17:57 | Art | Trackback | Comments(10)

d0237340_23151263.jpg

大津波にあらわれた海岸に 一本の松が立ち残った
その木から やがて彫り出されん 一体の木彫ぶつ
亡霊たちへ・・・ 込められし生けるものの想い

夏には彫り続けられるのか 未完の松
d0237340_15471543.jpg


昨年のテーマは紙思考でした
痛烈な批判が展示された人形たちに込められました
今年のテーマ愛思考で さらにどのような展開がなされるのか
興味のある方は風の沢ギャラリーまで是非お出かけください
d0237340_1557824.jpg
キバナホウチャクソウ

築館インタ―を下り 国道を北上し 
築館市街を過ぎ 宮野Y字路を左折し 栗駒山方面へ
途中 岩出山方面の標識が出たら左折し 道なりに2キロほど。
[PR]
by tabi-syashin | 2013-05-12 17:18 | Art | Trackback | Comments(0)

d0237340_14375329.jpg
d0237340_1440084.jpg
d0237340_1441548.jpg
d0237340_14425734.jpg
d0237340_1446713.jpg

d0237340_14543735.jpg

[PR]
by tabi-syashin | 2013-05-12 14:51 | Art | Trackback | Comments(0)

d0237340_851313.jpg

d0237340_87418.jpg

d0237340_8102270.jpg

[PR]
by tabi-syashin | 2013-05-12 08:13 | Art | Trackback | Comments(0)

d0237340_23121680.jpg

今年の風の沢ミュージアムは 木彫作家 伊藤光治郎展 愛思考
本日 ロケハンに行ってきました。次回は77mm 100mmマクロ 12-24mmですね。
d0237340_22592184.jpg


d0237340_2302570.jpg


d0237340_2333996.jpg

[PR]
by tabi-syashin | 2013-05-11 17:44 | Art | Trackback | Comments(0)

d0237340_2127162.jpg

夏休みまで あと10日あまりですが・・・ 
是非 風の沢ミュージアム 本濃研太展に出掛けてみてください。
きっと お子さんたち ワクワクしますよ。
d0237340_23385840.jpg

d0237340_771518.jpg

d0237340_15303011.jpg

d0237340_2102438.jpg
段ボールだけでこさえた 背丈3倍はあろうかという作品「鬼」
 
場所は 一迫町の現地「風の沢ミュージアム」*。 
子連れ夫婦には是非に出掛けて子らの情操を豊かにしてもらいたいな。

たっくさんの「段ボール人形」たちが 「この夏の来場」を待っているはずだ。
おすすめである 是非どうぞ。カメラも忘れないで撮ってきてね。
段ボールをどうすれば軟らかくなるかを尋ねて 夏休みの工作に励むのがいいかも。

築館ICを降りて国道4号線を北上し、宮野地区で県道42号線へ左折し栗駒山方面に向かい、
途中 県道17号線を岩出山方面に左折し 2キロほど進むと 右手に緑色の看板がでる。
ナビに住所を打ち込んで 築館インターをでたら検索すればよい。
d0237340_21372076.jpg

[

PENTAX K5 FA50mm & FA77mm
NIKON F3T 50mm F1.4 FUJIFILM PRESTO400
[PR]
by tabi-syashin | 2012-07-02 21:05 | Art | Trackback | Comments(6)

d0237340_725311.jpg


闇の持つ秘めたパワーを浴びると・・・
段ボールの人形たちに 魂が宿りはじめる・・・ ドンドロドロドロ・・・ www

このミュージアムは一年間を通して 作品が展示される。
いつでも観れる環境を与えて戴けるのは 宮城の住民にとっても大変ありがたいこと。 

訪問するたび 帰りの時間計算をするのだが 一旦入り込むと すっかり時間を忘れてしまう。
撮影枚数も 500枚は簡単に越えてしまうほど。次には フィルムカメラに限定しようか?

画像が与える先入観が お子さまたちの想像力を剥ぐ恐れがあるので 
撮ってきた画像は 夏休みまでここには載せないので、、、あしからず。

家族連れで 現地「風の沢ミュージアム」*へ 是非どうぞ。

築館から栗駒山に向かい、、、途中 一迫方面に左折し進むと 右手に看板がみえてくる。
ナビに住所を打ち込んで 築館インターをでたら検索すればよい。
子連れ夫婦には 是非に出掛け 子らの情操を豊かにしてもらいたいものだ。
おすすめである。
d0237340_74134.jpg

d0237340_744719.jpg

[PR]
by tabi-syashin | 2012-04-29 07:07 | Art | Trackback | Comments(0)

d0237340_944488.jpg
PENTAX K5 18-135mm
風の沢ミュージアムから 今年の美術展の案内が郵便受けに届いていた。
じつは先日、岩出山の「ひとつぶ堂」さんから伺ってはいたのだが
まだ先のこと ということもあり 気にしないでいた。

まじに手にとってパンフレットを眺めたとたん

こりゃ すごい! 
まずは驚いて 作品群の顔や作りを何べんも見直した。

もちろんパンフなので立体感はないのだが、
これに影が加われば・・・

すると 脳裏に立体が浮きだす。
もしかして 会話が生まれるかも(笑)

楽しみですね 皆さんも是非どうぞ。


段ボール彫刻家 本濃研太
  
帰園田居 展
  
開催期日  4月22日~10月21日
展示場所  風の沢ミュージアム

d0237340_10104366.jpg

「ひとつぶ堂」さんの まんまる~い パン
これが 実にもっちもちで 美味しい!
SIGMA DP2
[PR]
by tabi-syashin | 2012-04-14 09:45 | Art | Trackback | Comments(0)