イッズミー芋煮会 (裏方編)

d0237340_1920777.jpg
風倒木なのか 根っこが浮いたのか どうしたわけか・・・
このブナは湖面から数メートルを保ち 水平に幹を倒している
かろうじて 生き続けるその幹からは 天空を指す小枝が・・・数本



低気圧通過の小雨の中 今日はラストイッズミーに参加してきた
石原兄弟やら武藤君やら いつものメンバーが手伝ってくれていた 感謝

門馬くんが この恒例芋煮会のために前夜から「仕込み」を担当しており
昨日も夕刻から 白菜 人参 大根 ゴボウ ネギなどを大量に下処理していた
もうかれこれ5年ほど この仕込作業をやっているのかな?すごい努力なのだ

僕などはその傍らで 酒を飲んでいるだけなんだけれどもw
彼は材料の仕入れから 鍋や燃料や食器やらの果てまでを きちん手配している
無口の男は心根に熱いものを持っている・・・の言葉通り
彼ほど実戦でそれを表し イッズミーを下支えしている男はいない

森田くんが これに必要な大量の野菜を提供してくれている 
門馬くんと森田くんとは 高校時代からのタッグと聞いている
この男たちが イッズミーでも、HCCSでも 舞台裏で地味に仕事をこなしているのだ
いつもそこに居るべき人が居て あるべきものがある・・・今や安心の存在になっている

10年イッズミーを開催してきて じつに「実に成った」二人である
今年も芋煮を美味しくいただいてきた 彼らのお陰だ 

--------------------------------------------------------------- 

車好きが集まるイッズミーだが その本質は じつは 「車」にはない 
趣味は人間を修飾し本質に迫りもするが、おおよそ本質には成りえない
ゆえに、イッズミーの本質は 「人間」にこそ在る 車は単なる媒体だ

ここを勘違いする人間が集れば 争いごとが絶えない集団となる 
でも 11年目も なんだかんだと続いている 
改造車や痛車などとの棲み分けができた今 よほどに楽しいのだろう 

表面上のことはさておき 由々しきことに
このイッズミーだが 未だ次期リーダーが出ていない
烏合の衆であり続けることは   「崩壊」の途を歩むことを意味する

その時の覚悟だけは忘れないでおこう 
いつまでも そこに在り続けるものではない ということを。。。



それはそれとして また来年4月にお会いしましょう! 
(本家ブログ管理人問題はこれまた烏合の衆に倣い 来年に持ち越しだ) 




*旧車の電装関連にお悩みの方、良い電装屋さんを紹介します!  

---------------------------------------------------------------











[PR]
トラックバックURL : http://tabilogue.exblog.jp/tb/19944386
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by tabi-syashin | 2013-11-10 19:17 | Car | Trackback | Comments(0)