居酒屋 源氏

d0237340_2119553.jpg

文化横丁といえば、餃子の八仙とか居酒屋源氏とかが有名だ。「八仙の餃子を食べてきたよ」とか、「本場の牛タンを食べてきた」とか、「味のある、渋い居酒屋に寄ってきたよ」とか、まあ仙台出張の土産話である。今夜も出張族がガヤガヤと コの字カウンターを埋めていた。なぜ、一目で出張族かどうかが分かるのか、、、って??? そりゃ、カウンターに並べられた皿の枚数で直ぐそれと分る。常連なら余計な注文などしなくとも、馴染みの店ならたくさんあるわけで・・・例えば 餃子なら八仙 串焼きならウサギ 焼鳥ならキムラ 海鮮なら十三浜 和洋中なんでもござれだ。最近は 隣のいろは横丁で立ち飲みもできる・・・わざわざ源氏で呑む理由もなくなっている。

最近、マナーも悪くなり 大きな声で仕事の話をする酔客が多くなった。聞きたくなくとも大声の主に耳を貸さねばならぬ、 金を払う身としては迷惑な話である。今夜も大きな声で酒と肴を注文してる。向こうの席からは 酒が無い 肴がきてない などという一見さんの声。こっちでは 肴を頼んでいないのに来てる なども聞こえてくる。「酒と肴でワンセット」、、、角皿か丸皿か小鉢か?で何杯目かが分かるそういうシステムだ。先輩面して云うわけではないが 最近 この「源氏スタイル」を学ばぬ客が大きな声で文句を並べる。酒と肴でワンセット とはいえ 酒が出ると同時に肴が出るとは限らない、2杯目と3杯目の肴が同時ってこともある。もっとも昔は、新参者には隣の常連客があれこれと注文の仕方を伝授したものだが 最近は初めての客にお節介をやく先輩格の常連さんたちも減ってきた。

ついでに例えば暗黙のルール その一つ 注文方法だが・・・お酒が無くなったら黙ってカウンター上段にグラスを置けばよい・・・とだけでもブログに クチコミに SNSに、書いてヨ。目配り、気配りに抜かりない女将が気づいてそっと窺いにやってくる。それまでしばし静かに酔いを愉しんでもらいたい とでも書いてくれたまえ。お酒と肴は一つのセット。4杯目にはシジミ汁がでてそれでチョン!ともネ。仙台出張族の憧れとまで書かれた「居酒屋源氏」のクチコミを見かけるが、30席ほどのカウンターを女将一人で切り盛りしてるって書きこまれることは稀だ。女将の着物姿が美しいだの 割烹着姿がお袋を思い出させてくれるだの・・・そんなのばっか、他所でやれ!w

今夜も7時を回って早めな帰宅者がいるようだ、、、ようやく電車通勤組が引ける時間だ。週末は6時前でも公務員でこの店は激コミになるのだが 今夜は「止り木」なしの平日。帰宅電車の時間、8時前になるとサッと客は引きカウンターはガラリと空く。居残る出張族はあいかわらず 仕事の話をボソボソしながら飲んでいる。普段着姿の常連古参たちは隣客のいなくなったところで、手足を延ばして呑み始める。これが、いつもの源氏。 これがいいのだ これでいいのだ。



昔・・・、

調理室との仕切り小窓の下で 一人で遊んでいる女の子をよく見かけた。それが今の割烹着姿の女将だ。彼女はオカッパ頭のころから酔客を観てきている。私が学生の頃だから既に40数年も、その頃から酔客の気持ちをとくと心得てきたはず。余計なことも思い出すのだが・・・昔、ここのお酒は秋田「新政」のみで、燗つけ器は銅製だった。その燗つけ器の陰に一人お婆ちゃんが椅子に座り にこにことお酒を出していた。

だいぶ以前の話になるのだが そのことについて女将に尋ねたことがある。聞けば、あのお婆さんとは何の血縁もない!(ただの?)使用人だったそうな。「源氏といえばこのお婆さん」が思い出されたくらいだからよほどこの店には似合った「看板婆さん」だった。使用人と聞いた時、私にすればそれはビックリ仰天だった。言い放った女将さんの目も一瞬語気を強めるようにきつくなった。

もっとも 当時の成りたて女将は・・・そのお婆さんがつくった「源氏の旧いイメージ」と闘っていたんじゃなかろうか?私でさえ抱いたのだから たぶん店の客なら 同じ思いがあったはず。和服と割烹着姿のイメージが客受け良く新生源氏の新しいイメージに切り替わるまで ある程度の抵抗があったのかもしれない。今の源氏を築き上げるまでその旧さの払拭と闘い、壊してきたのではなかろうか?暖簾を継ぐということは 新しさが旧さにとって代わるまで、そんな葛藤もあったろうと勝手に推測し納得もする。(今ごろ気づいてどうすんだ!)

店の入口に掛けられた縄のれんや障子の引き戸は昔のまま、トイレは古く不便だった。20年ほど前、女将夫婦は店の奥壁の裏に新トイレを造ったのだ。壁を迫り出させ、トイレ入口を反対側にするなど誰も思いつかない じつに画期的だった。源氏の雰囲気を壊さずに、狭い店内、入り組んだ土地によくも造作したものだと感心しきりだった。まあ、それだけ女性客が増えたからだろうし それだけまた出張族がここを訪ねて次々とやってくることへの対応、「おもてなし」なのだろう。


店内の薄暗い明りが 呑み助にはちょうど良い。
明るさを増さずに ずうっと60年。 
居酒屋源氏 1950年からずうっと営業中。期を同じくして 私もずうっと生存中だw 

ここの息子さんとは旧車の縁で知り合いになっている。お孫さんもいるようで、、、三代目となる日はやがてくる。それまで 自分も通わなきゃw
[PR]
トラックバックURL : http://tabilogue.exblog.jp/tb/18516644
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by KS at 2013-04-12 23:50 x
懐かしい。今日、昼飯食いながら文横を話題にしたばかり。源氏も当然のごとく。シジミ汁の次は焼き海苔だったかどうかが焦点に。焼き海苔つまみに飲んでる女子グループを見て以来、暖簾をくぐっていないです。
Commented by tabi-syashin at 2013-04-13 20:44
へへっ 想いでそのままの話です
懐かしいでしょう?次回は居酒屋二代目の話でもするかぁ。。。
海苔で何杯飲めたんでしょうか? オジさん困りますよねw
by tabi-syashin | 2013-04-10 21:53 | a la carte | Trackback | Comments(2)