秋と冬の別れ monochrome 4

d0237340_15195556.jpg

SIGMA DP2M  

朝から青空。 屋内は暖かなんだけど 外では風が強く膚寒いよな?投票日だった。
小学校のアメリカスギは穂先が風に吹かれ 裸の枝はもう落とす葉も付いていない。
それでも風は迫りくる。身代わりになる枝を折って、杉はあらぶる風を凌いでいた。


FMラジオ「今日は一日サックス三昧」を2時過ぎから7時終了まで 延々5時間も聴いていた。こんな冬の午後の過ごし方が好きかな。ゲストにSAX奏者の本田雅人さんを迎え ON AIR 。ソフトで、軽妙なトークで酒のツマミ的な話で ついビールを飲みながら、、、心地よい。

日本の歌謡曲、裕次郎の「夜霧よ今夜もありがとう」を例に挙げ 日本のブルース、ムードテナーには何故か奏法に「ズーズー成分」が多く含まれ放出される?などと 面白い表現で説明され 聞いてるこっちも思わず笑ってしまった。リード選びも ズーズー成分が出やすいリードが選ばれてるんじゃないかな?など 些少な疑問には軽い答えで会話がポンポン進められた。

変拍子の本田俊之:マルサの女、ブルーベック、バドシャンク、ナベサダのカリフォルニアシャワーそして 本田雅人の「18番おはこ」も聴けた。この辺が長編番組のヤマ場だったかな? おまけにリクエストで5曲のメインフレーズ生演奏もあったりして 楽しいライブな午後だった。


それにしても・・・


思い出せない・・・  40年前のカレッジフォークソング
「モダンフォークフェローズ」が唄っていたこの曲の歌詞が・・・思い出せない。
朝焼けの中に 若者がいる・・・、「若者たち」を歌っていたあのグループだが・・・。
 
近ごろ毎晩 コードをチャレンジしてるんだけど パッとしないんだなぁ・・・これが、、、
この曲のタイトルさえも思い出せなくて ネットのお陰で判明したのはグループ名のみ 
ということで 今日もネットの力をお借りして僕の記憶の補完を「お願い」したい というわけ。



誰も知らない 秋と冬の別れを 
いつのまにか いつのまにか 
木の葉に埋もれた思い出の道
時計の針を見て 
今日と明日の別れを知っても
誰も知らない 誰も知らない
秋と冬の別れを

誰も知らない 秋と冬の別れを
恋が生まれて 消えるのは
あなたとわたしの 心の中
冬の足音 聞いてから(?)
季節の別れを知っても(?)
誰も知らない 誰も知らない
私の心の中 (この2番の歌詞が?さ)


(間奏)
秋とともに 去って行ったあなた 
私一人を苦しめるの 冷たい冬の風
誰も知らない 誰も知らない 
秋と冬の別れを 秋と冬の別れを


・・・こんな風で いいかな?
まあ 歌ってみて違和感なっければ いいか


------------------------------------------------------------------

年が明け春めく今(2013.3.3) ようやくこの曲のタイトルと背景がわかりました。
第22回バイタリス・フォークビレッジのオリジナル作品曲で 作詞作曲は落合和徳さん。
だいぶ記憶と違いがあったかな?(笑) 続けて記し、備忘録といたします。

>ねこさん 
あなたの投稿で謎がとけました ありがとうございました。
ちなみに このページを検索しますと…> http://homepage3.nifty.com/backintown/
懐かしいお母さんの時代にタイムスリップできます。参考に貼っておきます。
モダンフォークフェローズも以前は 時々ここで生演していたそうです。
癌を克服したワイルドワンズ:島英二さんも時々ステージに立っておられるようです。



別れ

誰も知らない 秋と冬の別れを 
いつのまにかいつのまにか 
木の葉に埋もれた想い出の道
時計の針を見て
今日と明日の別れを知っても
誰も知らない 誰も知らない 
秋と冬の別れを

秋とともに去って行った貴方
私ひとりを苦しめるの冷たい冬の風
誰も知らない誰も知らない
私の心の中

たとえみんなが 季節の別れを知っても
恋が生まれて 消えるのは
あなたと私の心の中
冬の足音聞いてから 
失くした恋に気づいても
誰も知らない誰も知らない 
私の心の中 
私の心の中 私の心の中

d0237340_14233671.jpg

[PR]
トラックバックURL : http://tabilogue.exblog.jp/tb/17436413
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by SPACE K 代官山 at 2012-12-20 14:45 x
この写真、ぞくっときますね。
あの歌を口ずさみながら、枯れ葉の中を歩く人がもう一人いるってことがわかりおもしろくなりました。2番もあったんですね。
なぞはなぞのままもいいかと~。
Commented by もときち at 2012-12-20 17:21 x
そうなんですよ 
2番もあって 間奏がはいって 
転調しながら 3番フィニッシュです
って勝手な自作 たぶんこんな感じです(笑)

お陰で思いだしながら歌っておりました
Commented by ねこ at 2013-03-03 20:27 x
はじめまして。偶然同じ曲を探していてたどり着きました。
12月の記事ですし、もう解決されたかもしれませんが、私は知恵袋に書き込んだので歌詞が分かりましたのでお知らせします! http://m.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/q12103048567
タイトルは「別れ」で、コメント欄にある様に検索すれば、楽譜と歌詞のページが見れます。
ただ…ouTubeなどではこの曲は削除されていて、私はどこでも聞くことが出来ず、母の残念なハうろ覚えミングでしか聞けません(笑)
Commented by tabi-syashin at 2013-03-04 09:17
こんにちわ ねこさん。共同作業で一つの疑問が解決してゆく・・・。それもこれもSPACE K代官山さんのハミングから始まってるんです。ネットでのハミングに僕が反応して・・・って 面白いですね。

別れ という曲でしたか。楽譜が見れるんですね?早速覗いてみます すぐ弾けるでしょうから 楽しみです ありがとう。
Commented by tabi-syashin at 2013-03-04 11:56 x
ねこさん 覗き見してきました。
コード表もあって・・・。まあ60%は記憶にある歌詞と同じでしたね。所々の抜けた記憶が補完されて助かりました。これで今夜からフロオケで一曲歌えます。どうもありがとう!
Commented by himepon0011 at 2017-02-25 17:06 x
こんにちは。初めまして。MFFを追いかけているうちに、ここに辿り着きました。この「別れ」という曲は大好きな曲なのですが、何年の何月ごろにラジオ(フォーク・ビレッジ?)で流れていたか、ご存知の方いらっしゃいませんか。ご存知の方、是非教えてください。
Commented by tabi-syashin at 2017-03-14 16:35
今頃 コメントに気づきました。 申し訳ないです。1965年に慶応のフォークソングバンドとして結成されたこのグループですが、解散したのが1969年・・・僕が大学に入ったばかりでした。卒業した彼らをしったのは その3年後ぐらいでした・・・って全くお役に立ちませんが、ライブハウス「BACK IN TOWN」にいかれて情報をとったほうが早いと思いますよ。ごめんなさい。
Commented by himepon0011 at 2017-03-16 22:26 x
情報ありがとうございます。あいにく地方暮らしなのでBACK IN TOWNとは縁がなさそうです。私はこの曲の「とけいのはりをみて」のCからB7に移るところのコード進行が大好きです。背伸びしている高校時代を思い出します。
Commented by tabi-syashin at 2017-03-23 13:04
彼らが4年生のとき 作った歌だったような記憶があるので、、、
1969年のバイタリスフォークビレッジじゃないでしょうか?不確かですが。。。このあと卒業解散ですかね?
by tabi-syashin | 2012-12-16 16:39 | JAZZ | Trackback | Comments(9)