続 御神楽岳・水晶尾根登攀(所感)

d0237340_1914771.jpg

水晶尾根から見上げる「山伏ドーム」。上部40m? 下部50m?、ざっと100mほどの垂壁。栄太郎新道側から撮ったドームの写真はよく見かけるけど、水晶尾根側からの写真は滅多に拝めない。となると この画像(Fujifilm 写るんです)は貴重品だな。

この写真で ルートを読むとしたら・・・もっとも写真では解りかねるが。。。下部は左上クラックから取りついて1ピッチ、2ピッチ目はルンゼを直上、ブッシュの処理が問題そして中間台地に乗らずにそのまま上部カンテ取りつきまで進む。カンテは2ピッチほど?で山頂。約3時間かな? 新潟山岳会の古い記録によると・・・ドーム基部で野営した ともある。


昔から 一つのことに惚れっぽいというか 脇目も振らずに集中する癖がある。一旦、始めだしたら飯も食わずに 徹夜してでも成し遂げてしまう悪い癖。今夜は手を止めて、楽しみを明日にとって置く などと云うことはできない性分。

南会津に御神楽と云う雪崩に磨かれた岩だらけの山がある。あるとき そこに登れないだろうか? 難しいだろうか? できそうかな?という思いが生じたのが運のつき。自分の技量もそこそこに、登りたい、焦りにも似た「気」が先に立つ。痩せ馬の先走りだ。

会津側から三条という廃墟集落を通過し、八乙女滝からの細尾根を登るのだが・・・林で囲まれているので安心していられる。でもきつい登りだったことは覚えている。反対側の新潟側から登れば・・・その細尾根は樹木がなく左右スッカラカンだ。細い岩尾根だけがぐいぐいと山頂稜線に数本も突き上がる。

三条集落だが 浦和浪漫山岳会が霧来沢水系に通い始めた数年は人が住んでいたという。それは1981年ごろのこと と浦和浪漫の"鉄人"坂内氏が記していた。

d0237340_20435092.jpg
初めての湯沢岩壁。1993.10.3



稜線に連なる岩尾根は 新潟側から栄太郎新道 山伏 水晶 つばくろ尾根。初めてなので、勝手がわからず湯沢出合の野営地にテントを張って まずは下見した。湯沢の小さな流れのどん詰まりは 広くポカンと広場になっていた。広場の中央に大岩。20mほどの湯沢大滝が正面に構える。その奥は驚愕の奥壁群! 体が初めて凄んだ。

それは 秋だというのに雪渓の残骸が黒々としており 横の岩にはピンが4本ほど打たれ右のフェース状を登ってバンドを左に亘って大滝を乗っ越すらしい・・・とまでは分かった。

初めて心底ブルった。 明日は大丈夫だろうか? 不安だらけだった。 その夜は焚き火をたいて大酒を飲んで寝た。

d0237340_19214822.jpg

2回目は中央の水晶尾根。1995.9.24

水晶の細尾根は山伏尾根よりは簡単(らしい)、御神楽は岩質が脆くボロッといく。とだけ聞いていた。

まずは湯沢から先、水源まで広谷川左岸を進み、ラクダの窓沢を過ぎて本名穴沢との出合いに至る。本名穴沢沿いの途中、左から入るトマノ左俣に入って 水晶尾根末端の丘に登りついた。前回の敗退が頭にあるので何としてでもクリアしておかなくちゃ。呪文は「山伏よりは岩は立っていない」だ。

先行で枝尾根にとりつく、小松の枝が邪魔ながら20mも登れば 所々の岩穴に3cmほどの水晶が光る主尾根に出た。水晶尾根の名前の由縁だった。水晶尾根に上がった途端 素晴らしい景色が飛び込んできた。御神楽稜線からは何度も見下ろしたことがあったが 今は奥壁の上に広がる稜線を真下から見上げている。右が湯沢奥壁の鋭鋒群とアバランチシュート、左は御神楽沢、谷まで深く切り込んでいて、滝が幽かに見えた。左手奥がつばくろ尾根だ。愛機CONTAXを軽量化のため「写るんです」に変更したのが悔やまれた。

後続がコンテで続く。やがて大きな太さ50cmほどの美形な松にでた。このスラブ帯によくも生き残った奇跡のような松だった。松の根元を左のスラブから跨いで進むと高さ6mほどの手がかりのない丸い大岩に行く手を塞がれた。この丸い大岩だけが安山岩のようだった。その岩のクラックにコメツツジが根を食い込ませている。ボルトが打たれていたのでアンカーとした。バンドを右に進みツツジの株を手がかりにして登る。ロープをフィックスできる倒木でセルフビレイ、後続を確保した。

面白い箇所はココまで。 あとは山伏尾根が合流する湯沢の頭までの起伏を左右のバランスをとりながら、ひたすら登るだけだった。幡野は単調さに飽き、P3で稜線を右へ逸れスラブに出て手ごろな壁を見つけ7mほど直上したいと言ってきた。それでも満足させるものではない。ここら辺のスラブは平坦で、なんら怖さも持たないほどフラットバーンだった。

途中、あるはずの岩峰、御神楽槍はどこだったのか???いつ乗り越えたのか??? 印象そのものが薄い。 それらしきものといえば3枚目の画像になるのか?急峻さはないけど、20mはあったかなぁという感じ。御神楽槍の記憶がないまま山伏尾根の合流点を過ぎ、チンタラと湯沢の頭に出た。スラブ群を眺めながめ 6時間かかった。


d0237340_20203452.jpg


登ってしまえば水晶尾根、御神楽槍は、 ナニ コレ・・・? だった。山伏尾根に比べると難度はガタ落ちだ。

でもまあこれで・・・、前回敗退の憂さを2年ぶりに晴らせたことになる。前回は山に魅入ってしまい、時間切れの敗退だった。救助隊出動には至らなかったものの深夜の下山は怖かった。四足動物と遭遇するのが怖い(笑)初めてホイッスルの有難味がわかった。

この山がきっかけとなり かつて通った会津の山々を思い出したように毎年通い続けることになる キッカケの山だったな。前ヶ岳南壁 会津駒~稲子山~城郭朝日岳 田子倉ダム~村杉半島~丸山岳 長須ヶ玉山~花沼湿原、枯木山、三岩岳~窓明山~坪入山~丸山岳~火奴山 会津朝日~大幽山 蒲生~赤崩ハ十里越 霧来川 ・・・



僕らも 3年掛けて当地を調べ歩いた経験があるから岩稜を登れたようなもので、もし貴殿が登るなら 自己責任とセルフレスキューとでお願いします。よって 取りつきも、経過時間も、遡行図も記しません。御承知置きください。(会津や新潟の山岳会なら登攀図記録が残っているかもしれません)この記録は1993/1995年の山行報告を基にブログ用に書き換えたものです。(仙台YMCA山岳会 OB会員)











[PR]
トラックバックURL : http://tabilogue.exblog.jp/tb/15736156
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by tabi-syashin | 2015-10-29 22:07 | Mount Mikagura | Trackback | Comments(0)