d0237340_1627128.gif

「岳」
岳というくらいだから 嶽々しいイメージなんでしょうか? 里山・藪山がその対象になるのか?という問題はさておき以下は 自分の考えです。気楽に考えてみてください。

「岳人」
自らを「岳人」と称して プロフに載せている方がいるけど、「岳人を自称する」つかい方は、ヘンでないの? 経験の長い山岳会の方々でも「自ら岳人を名乗る」ことなどしない。皆無 というかむしろ、己を諫め慎んでいる。

「能ある鷹は爪を隠す」
謙譲な心を美徳とする日本人であれば 自己紹介のときに「宮城の岳人 ◎×です」 とは言いません。「宮城の山好きっす」 とか 「藪専です」 とかでしょ? ましてや「岳人やってます」と職業紹介のような名乗り方もしません。「岳人」という言葉には 「敬意」が込められて使われているからです。

「私は宮城の天才 ◎×です」 
って・・・自ら名乗る人って見たことも聞いたこともない。 「宮城のヒマ人やってます」って 冗談や謙遜ならありだと思うけど・・・ノリ なのかな?それにしたって 「皆さん 私は宮城の人格者です」と名乗る方がいますか? 第三者から 「あの人は立派な岳人だ」と言われたり、「名誉」や「褒め言葉」風に 使うんじゃないのかな?

「謙譲」
自分の能力や功績を人前に自慢したりしない表現を古来、謙譲という。だから 「私は自他共に認める人格者だ」とは言いません。けれども「自他ともに認める山好き」とか「自他共に認める趣味人」、「娘からアホと呼ばれるほど山好き」とか 自分がへりくだるなら 日本語として成立します。

「威厳」
謙遜、謙譲 もしくは敬意、一人称ではなく三人称で使われる言葉・・・なんじゃないかな 「岳人という言葉に尊敬や威厳を持たせた使い方」が一般的。使い方としては そっちが宜しいんじゃないかな?

一人称で使わず むしろ謙譲語として遣ったほうが  いいじゃ~ないの !




皆さんの周りには いませんか? そういう言葉遣いのできていない方は・・・









[PR]
# by tabi-syashin | 2016-12-31 22:39 | colum | Trackback | Comments(5)